アポロシリーズ

手づくりアポロ

自分でアポロがつくれちゃう!つくれるカタチは8種類。

  • アポロ

    イチゴチョコとミルクチョコの組み合わせが可愛い三角型のチョコ。

  • アポロジャンボ

    見て楽しい、食べておいしいジャンボサイズ。

  • 棒つきアポロ

    小さなお子様にも食べやすい、大粒サイズのアポロです。

  • ぎゅっと濃いアポロ

    いちごがぎゅっとつまった甘ずっぱいおいしさに、コク深カカオのチョコレートを組み合わせました!

  • アポロ袋

    シェアにぴったりの12袋入りアポロ。

  • 富士山
    アポロビッグ

    発売地域:全国

  • アポロ
    ホワイトギフト

    発売地域:北海道

お土産MAP

ヒストリー

現在のパッケージ

これが発売当時の「アポロ」です!

1969年8月7日に「アポロ」が誕生しました。
現在の縦長パッケージと違い、横長デザインです。中身が見えるように窓も付いていました。

マメ知識

アポロチョコの形は、初の月面着陸を成功したアポロ宇宙船から生まれました!

1969年7月21日、人類初の月面着陸がアメリカ宇宙船アポロ11号によって達成されました。その模様を伝える映像は世界中から注目を集めましたが、かわいい「アポロチョコ」のあの三角形は、宇宙船のカタチからイメージして作ったものなのです。

名前は、アポロ宇宙船より明治の「アポロ」の方が先!

初の月面着陸で、世界中の人々に知れわたったアポロの名前ですが、実はお菓子の名前として明治が、「アポロ」を登録したのは、それよりも前のことでした。ギリシャ神話に出てくる太陽神アポロンから由来しています。

「アポロ」が、あの「きのこの山」の生みの親!

「アポロチョコ」のあのカタチは、かわいい!と好評ですが、同じ機械からもっといろいろなカタチが出来ないかと、工夫を重ねて作られたのが、チョコスナックのパイオニアといわれる「きのこの山」なのです。「アポロ」発売5年後のことでした。

チョコが2つに剥がれれば『吉』。
「アポロ」占い!

昔、小中学生の間でこんな占い遊びがはやっていたのを、ご存じですか。「アポロ」を口の中で舌と歯でころがして、チョコといちごチョコの間をきれいに剥がせたら、その日はきっといいことがある!という遊びです。 子供って遊びをみつける天才ですね。

キャラクター

月のルナタウンに住んでいる
アポロちゃんと仲間たち!

  • アポロちゃん

    おっちょこちょいでおちゃめな女の子。いちごが大好きでたべすぎちゃうの。

  • ブルーベリーくん

    アポロちゃんのボーイフレンド。アポロちゃんが大好きで…、でもアポロちゃんにいつもふりまわされている男の子。

  • いちごママ

    やさしくてしっかりもののアポロちゃんのママ。おしゃれセンスはピカイチ。

  • チョコレートパパ

    なんでも知っているものしりなアポロちゃんのパパ。

  • ブルーベリーパパ

    ブルーベリーくんのパパ。のんびり屋さん。

  • チョコチョコママ

    ブルーベリーくんのママ。お花が大好き。

  • おつきさまとおひさま

    いつもキッズおかしランドやみんなをみまもってるよ。

かべがみ

このページでしかダウンロードできない
オリジナルデザインかべがみだよ!

50周年記念 かべがみ

パソコン用
スマートフォン用

パッケージデザインかべがみ

パソコン用
スマートフォン用