見てみよう アグロフォレストリーチョコレートができるまで

「アグロフォレストリー」は“アグリカルチャー”農業と“フォレストリー”林業をかけ合わせた
「森をつくる農業」という意味の造語です。

明治の取り組み

発酵技術の共同開発 研究スタッフを現地へ派遣 カカオ豆を継続して購入 一部チョコレート商品に使用 トメアスー農協 アグロフォレストリー農法の持続的発展 生物多様性に貢献 森林再生に貢献CO2削減

トメアスー農協との取り組み
トメアスー農協(CAMTA)とカカオ豆の購入に関する契約を結び、日系ブラジル人が中心となって取り組んでいるアグロフォレストリー農法を応援し続けて、アマゾンの森林再生の助けとなるような取り組みをしていきます。

Start

栽培 ブラジルのトメアスー地域で“森をつくる農業”でチョコレートの原料カカオが栽培されています。

1年目 はじめに高い木に成長する木の苗と一緒にカカオの苗を植えます。

5年~10年後 高木が成長し日陰をつくります。3年目くらいからカカオは実をつけ、収穫できます。

20年後 カカオだけでなく他の木も育ち森をつくります。

収穫 収穫したカカオを発酵・乾燥し、袋につめて倉庫に運びます。

日本へ コンテナに入れて船で日本に向けて出航します。

検査 カカオが到着したら安全・安心のため品質検査を行い、meijiの工場に運ばれます。

加工 いろいろな加工をしてチョコレートになります。

完成! できあがったチョコレートはパッケージにつめられ商品としてお店に届きます。

  • アグロフォレストリーチョコレート トップページへ戻る
  • ページトップ