HOME > オリジナルレシピ > パイシート活用レシピ デザートメニュー > ガレット デ ロワ

ガレット デ ロワ -フランスでお正月に食べる伝統菓子-

ガレット デ ロワ -フランスでお正月に食べる伝統菓子-

材料18cm1台

  • 明治 パイシート 1P(2枚)
  • バター(食塩不使用) 50g
  • 砂糖 50g
  • 1個
  • アーモンドプードル 50g
  • フェーブ(陶器のミニチュア)またはアーモンドなど 1個
  • 照り卵(卵黄に少し水を加えておく) 適量
パイシート活用レシピ デザートメニュー 明治パイシート

作り方

  • 1パイシートは解凍しておく。バターを室温に戻し泡立て器で混ぜクリーム状にし、砂糖を加え混ぜる。
  • 2卵を溶き少しずつ加え混ぜ、アーモンドプードルをふるい加えゴムベラで混ぜる。
  • 3型より少し大きくなるようパイシートをのばす。型にバターを塗り、型にパイシートを1枚広げ、フォークなどでまんべんなく穴を開ける。
  • 4(2)を型に入れて平らにならし、一箇所に、フェーブ(陶器のミニチュア)またはアーモンドを埋め込む。
  • 5周りに溶き卵を塗り、残りのパイシートを被せ、空気が残らないようにぴったり閉じ、型に沿って余分なパイシートを切り落とす。フォークでフチを押さえ、ナイフで表面に模様を書いて真ん中に竹串で穴を開ける。表面に照り卵を塗る。
  • 6200℃に予熱したオーブンに入れ、25〜30分ほど焼く。(表面が焦げそうだったら途中でアルミホイルをかぶせる。)

    ※底がやけていないようであれば型から取り出して上にアルミホイルを被せて更に10〜15分焼く。
  • 【豆知識】
    フランスでは、お正月にガレット デ ロワを食べる習慣があり、切り分けたとき、自分のケーキの中にフェーブ(陶器のミニチュア)が入っていた人は、みんなから祝福を受けその日 1日王様 or 女王様になることができ、その年幸せに過ごすことができると言い伝えられています。

このページのトップへ