たんぱく質摂取量の低下・低栄養の社会課題解決に貢献 「明治TANPACT(タンパクト)」 3月30日より順次新発売

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、日本の「低栄養」という社会課題の解決を目指し、その一因と考えることができる、たんぱく質の摂取量低下に対応するソリューションとして、さまざまなシーンで乳由来のたんぱく質をとることができる「明治TANPACT(タンパクト)」シリーズを、2020年3月30日より順次発売します。

たんぱく質をいつでも・どこでも おいしく・手軽に摂取
写真:明治TANPACT(タンパクト)シリーズの商品パッケージ 飲料・ゼリー・ヨーグルト・チーズ・チョコレート・アイス・冷凍食品・チルドスープ・飲料(宅配専用)
明治TANPACT(タンパクト)シリーズ 14品
グラフ:「たんぱく質」摂取量の推移のグラフ
「たんぱく質」摂取量の推移 厚生省/厚生労働省 1947~1993「国民栄養の現状」、1994~2002「国民栄養調査」、2003~「国民健康・栄養調査」

日本人の1人1日あたりのたんぱく質摂取量は1950年代と同水準に低下しています(グラフ)。

この背景に、女性においては過度なダイエットなどによる摂取不足の可能性が、高齢者については活動量の低下に加え、少食による摂取不足の可能性が考えられています。

また、2019年12月にまとめられた「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」の報告書では、活力ある健康長寿社会の実現に向けて、総エネルギー量に占めるべきたんぱく質由来のエネルギー量割合を引き上げることとしています。

このような環境において、当社は「明治TANPACT(タンパクト)」シリーズの発売を通じて、いつでも・どこでも・おいしく・手軽にたんぱく質を摂取できる環境を整え、現代の低栄養という社会課題の解決に貢献し、健康で安心して暮らせる「持続可能な社会の実現」を目指してまいります。

  • 厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」(座長 伊藤貞嘉 東北大学名誉教授)がとりまとめ、12月24日に公表されたものです。

商品概要

ご参考

プロモーションに関して

CM・WEB動画情報

フリーアナウンサーの田中みな実さんとお笑い芸人の飯尾和樹(ずん)さんを起用したテレビCMを3月30日(月)より放映します。

たんぱく質不足の人が増えている現状を知りながら、自分には関係ないと高をくくる夫役を飯尾さん、その夫に対し1日プラス10gから、たんぱく質を摂取する習慣のスタートを、妻役の田中さんがアナウンサーならではの方法で勧めるといった内容です。

アナウンサーならではのその勧め方に、夫が独特のリアクションで返す場面が、出演いただくお二人の個性をいかしたものとなっています。

明治TANPACTは、さまざまなシーンで、色々な方々に摂っていただきたい商品であることをお伝えするため、TVCMの他、14種類のWEB動画を発信してまいります。明治TANPACTの豊富なラインアップとともに、田中さん、飯尾さんの色々なやりとりや、表情が楽しめる仕立てとなっております。

写真:CM・WEB動画の一部カット画像(田中みな実)
CM・ WEB動画の一部カット画像
写真:CM・WEB動画の一部カット画像(田中みな実・飯尾和樹)

キャンペーン情報

3月30日(月)~4月13日(月)まで、「明治TANPACT まいにち、ちょこちょこTwitterキャンペーン」と題した、キャンペーンを実施します。 応募方法は以下の通りです。

  1. Twitterの公式アカウント「明治TANPACT公式アカウント(Twitter:@meiji_TANPACT)」をフォロー
  2. 本キャンペーンの対象ツイートをリツイート

上記キャンペーン期間中に応募いただいたお客様の中から、合計100名様に明治TANPACT商品を詰め合わせた「明治TANPACT BOX」が当たります。

常温保存可能な商品の中からの詰め合わせとなります。