年末年始の離乳食について

イラスト:クリスマスプレゼントを喜ぶお子様

日ごとに寒さが増す季節になりました。年の瀬を迎え、一層忙しさを感じているお母様も多いのではないでしょうか。
赤ちゃん相談室では、クリスマスやお正月の準備、帰省、ご旅行へ行かれる方など、この時期ならではのご相談をお受けしています。

「年末年始に新しい食品の練習はしないほうがよいですか?(6か月)」
「2回食を開始するのは年が明けてからのほうがよいですか?(6か月)」

「海外旅行先での離乳食はどうしたらよいですか?(8か月)」
「ホットケーキミックスでクリスマスケーキを作って食べさせてもよいですか?(1歳3か月)」
「お正月に帰省をしたときに、おせち料理を食べさせたいのですがよいですか?(7か月)」

美味しいものが食卓に並ぶことが増える時期です。離乳食で気を付けていただきたいことをいくつかご紹介します。

○離乳食の進め方
離乳食を始めたり、回数を増やしたり、初めての食品を練習することは、病院がお休みになる年末年始は避けましょう。今まで通りの回数で慣れている食品を食べさせてあげましょう。

○外出先での離乳食
リズムを崩さず、できるだけいつもの時間に離乳食を食べられるようにしましょう。外出先で、いつもの時間に食べさせることが難しい場合は、無理をせずお休みしてもよいでしょう。代わりにしっかり授乳をして、翌日以降またいつものリズムで食べさせてあげましょう。食べ慣れたベビーフードを持参するのもおすすめです。使い慣れているスプーンも一緒に持っていくとよいでしょう。

○クリスマスケーキ
生クリームは脂肪分が多く甘いのでおすすめできません。3回食の頃であれば、慣れている食品を利用して作るのもよいでしょう。ホットケーキや蒸しパン、マッシュポテトなどで土台を作り、生クリームの代わりにヨーグルトや果物、トマトなどの野菜で飾ってあげるのはいかがでしょうか。

○お雑煮
お餅はのどに詰まらせる危険があるので避けてください。野菜や鶏肉などの具は、すでに慣れている食品であれば、うす味にして取り分けてあげられます。

○おせち料理
市販品は日持ちをよくするため、濃い味付けになっていることが多いため赤ちゃんには不向きです。

○かまぼこ
塩分が多く、弾力があって食べにくいので離乳食には不向きです。

○伊達巻
市販のものは甘いため不向きです。全卵に慣れていれば、卵焼きで代用するのもよいでしょう。

○お刺身
生魚やイクラなどの魚卵は、細菌感染やツルッと飲み込んでしまう心配があるのでおすすめできません。

この時期は食べさせてあげたいけれど避けたほうがよい食品が沢山あるので、残念に感じることもあるかもしれません。大人と同じものはまだ難しくても、食べ慣れている食材を使いできる範囲で雰囲気を体験させてあげるとよいですね。いつもの生活リズムを崩さないように心がけて、赤ちゃんと一緒に楽しくお過ごしください。

明治赤ちゃん相談室では、赤ちゃんの授乳や離乳食などについて、栄養士がご相談をお受けしています。ご心配なことがありましたらどうぞお気軽にお電話ください。
今年も赤ちゃん相談室だよりをご覧いただきありがとうございました。
お身体に気をつけて、よいお年をお迎えください。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの栄養に関するご相談)

2020年4月1日からナビダイヤルからフリーダイヤルにてご相談をお受けしています。

フリーダイヤル

0120-035-553

  • お電話のみの受付としています。

  • 受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)

赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」
~お母様から寄せられた感動体験vol.97~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。

赤ちゃんのいろいろな成長のお祝いごとを通して、両親や親戚との関わりがスムーズになりました。また、赤ちゃんが笑ってくれたり、離乳食をおいしそうに食べてくれたり、おもちゃで楽しく遊んでいたりと、幸せを感じることが益々増えていきます。

(35歳 第1子 6ヵ月)

赤ちゃん相談室だより 一覧へ