2017年度 赤ちゃん相談室に寄せられた相談内容 月齢別TOP5 【4~8か月児】

イラスト:お子様に離乳食を食べさせるお母様

赤ちゃん相談室では、毎年どのようなご相談が多く寄せられたか、年間統計をもとに月齢別に集計しています。先月にひき続き、2017年度に寄せられた4~8か月の赤ちゃんのご相談TOP5とその内容をご紹介します。

  1. 1位
    離乳食のリズム・進め方
  2. 2位
    食べない
  3. 3位
    離乳食の目安量
  4. 4位
    授乳の目安量
  5. 5位
    食後の授乳

離乳食に関する相談がTOP3を占め、この時期の心配ごとや悩みごとが離乳食に集中していることがわかります。なかでも1位の「離乳食のリズム・進め方」はこの数年間変わっていません。4位までの順位は昨年度と変わりがありませんでしたが、TOP5に入ることの多かった「授乳の間隔」が外れ「食後の授乳」がランクインしました。4位、5位は授乳の相談が入り、授乳に関する相談も多く寄せられました。

【1位】“離乳食のリズム・進め方”では、
「離乳食を始めてちょうど1か月が経ちます。おかゆと野菜3種類は慣れましたが、ぐずって食べない時もあります。それでも2回食に進んでよいですか。(6か月)」
「7か月になったので、2回食を始めようと考えています。何時にしたらよいですか。午後のお昼寝の時間が日によってずれるので、何時にしたらよいか迷っています。(7か月)」

【2位】“食べない”では
「10倍粥を食べさせ始めて4日目です。一度口に入れても出してしまい、ちゃんと食べられていない感じです。この先どのようにして離乳食を進めていけばよいですか。(7か月)」
「1回食の時は食べていたのに、2回食にしてからは食べなくなってしまいました。最近は椅子にも座らず、いやいやして泣きます。どうしたら食べてくれますか。(7か月)」

【3位】“離乳食の目安量”
「離乳食を始めて3週間。本やネットで離乳食の進め方を調べてみましたが、どれにも量の記載がありませんでした。1回食ではどのくらい食べたらよいのですか。(6か月)」
「2回食を始めて1か月半経った頃から、前より食後の母乳やミルクを飲まなくなりました。離乳食を食べすぎているのでしょうか。(8か月)」

【4位】“授乳の目安量”
「ミルクを飲む量にムラがあって、ほほえみの缶に書いてある量に比べて少ない時もあります。今はどのくらい飲めていれば心配ないですか。(5か月)」
「ずっと母乳とミルクの混合です。最近、授乳の予定時間より早く欲しがることが多くなっています。ミルクを足す量を増やした方がよいですか。(4か月)」

【5位】“食後の授乳”
「離乳食をほとんど食べないうちにぐずったので、ミルクを飲ませて、また離乳食をあげたら食べ始めました。このように食後のミルクを先に飲ませても、消化の面で負担がかかる心配はないですか。(7か月)」
「離乳食の量が増えたら、食後のミルクが少なくなりました。これからも少ない量のままで大丈夫ですか。(8か月)」

相談をお受けした時に、明治赤ちゃん相談室の電話番号をどちらでお知りになったかを伺うと、「ネットで授乳や離乳食の相談ができるところを検索したら、明治の赤ちゃん相談室がでてきました」とのお返事をいただくことが多くなりました。
体調や発育については、病院の先生にご相談いただくとご安心ですね。授乳や離乳食の進め方については、日々成長する赤ちゃんの状況に合わせてご相談を承っております、赤ちゃん相談室をご利用ください。相談員一同お電話をお待ちしております。
来月は9~12か月の赤ちゃんの相談内容TOP5をご紹介いたします。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの栄養に関するご相談)

2020年4月1日からナビダイヤルからフリーダイヤルにてご相談をお受けしています。

フリーダイヤル

0120-035-553

  • お電話のみの受付としています。

  • 受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)

赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」
~お母様から寄せられた感動体験vol.93~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。

私には子どもが3人います。長男は12歳、次男が9歳、そして三男は3か月の赤ちゃんです。久々の出産でとても不安でしたが、2人のお兄ちゃんに助けてもらいながら3人目の子育てを頑張っています。最近、長男が学校の作文で、母に感謝していると書いてくれた事にとても感動しました。

(31歳 第3子 3か月)

赤ちゃん相談室だより 一覧へ