ミルクの飲みが悪くなったと感じたら

イラスト:お子様に母乳を飲ませるお母様

すがすがしい初夏の季節になりました。過ごしやすい反面、少し動くと汗ばむ陽気になり、この時期は授乳をするだけでも、親子で汗だくになってしまうこともあるのではないでしょうか。
赤ちゃん相談室では
「3時間経っても母乳を飲んでくれません。どうしてでしょうか。(2か月)」
「混合でしたが、ミルクを嫌がるようになってしまいました。どうしたらよいですか。(2か月)」
「ミルクを飲む量が減ってしまいました。心配ないでしょうか。(4か月)」

「混合でしたが、母乳を嫌がるようになってしまいました。母乳が出なくなってきたのでしょうか。(5か月)」
など、母乳やミルクを飲む量が減ったり、嫌がったりするというお電話をいただきます。

生まれてすぐの頃は反射的にミルクを飲んでいる赤ちゃんも、2~3か月を過ぎると自分で飲む量を調節できるようになってきます。飲む量が減ったり、嫌がったりするのは赤ちゃんが成長してきた様子のひとつです。まずは赤ちゃんの機嫌がよいか、便や尿はよく出ているか、体調不良がないかを確認しましょう。赤ちゃんが元気で体重がよく増えている場合は無理強いせず、赤ちゃんのペースで様子を見ます。
母乳育児の場合は、分泌の様子を確認してみましょう。出ないだけでなく、出すぎて飲みにくい場合もあります。ミルク育児の場合は乳首のサイズが合っているかを確認してみてください。
授乳のポイントは母乳・ミルクにかかわらず、授乳リズムを3~4時間おきに整え、お腹をしっかり空かせた状態で授乳をすることです。家で過ごすことが多い場合は、お散歩を増やすなどして運動を促してみましょう。

この時期は、暑くて飲むのを嫌がる赤ちゃんも少なくありません。授乳時間は普段より衣服を1枚薄着にしたり、エアコンの設定温度を下げたりすることもおすすめです。
お母様の腕や、赤ちゃんの背中や襟足が汗ばんでいる時は、柔らかいタオルなどを間にはさんで授乳するのもよいでしょう。

赤ちゃんの様子を確認し元気で発育が良好であれば、無理に飲ませようとせずに様子を見ましょう。
何か気になることや心配なことがありましたら一緒に考えさせていただきます。おひとりで悩まず、お気軽にお電話ください。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの栄養に関するご相談)

2020年4月1日からナビダイヤルからフリーダイヤルにてご相談をお受けしています。

フリーダイヤル

0120-035-553

  • お電話のみの受付としています。

  • 受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)

赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」
~お母様から寄せられた感動体験vol.91~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。

ハイハイ、お座りなど、子どもの成長ひとつひとつに感動です。そして何よりも、子どもが生まれてから夫の性格が丸くなったことに感動しています!

(23歳 第1子 7か月)

赤ちゃん相談室だより 一覧へ