備えて安心「明治ほほえみらくらくキューブ」

イラスト:明治ほほえみらくらくキューブをお子様に渡すお母様

3月11日で東日本大震災発生から7年が経ちます。震災以降、赤ちゃん相談室に寄せられたご相談の中に、「明治ほほえみらくらくキューブ(以下、キューブ)」について
「地震でいろいろなものが落下しました。キューブも箱から飛び出していましたが、個包装なのでこぼれることもなく無事でした。」
「停電中でもキューブだとミルクを作りやすくとても便利です。本当にキューブのよさを実感しました。」
「キューブなら災害時でも衛生的にミルクが作れるので安心です。」
など多くのお声がありました。

また、「赤ちゃんのために粉ミルクなど必要なものを災害時に備えておくことの大切さを実感しました。」という備蓄の大切さに気がついたというお声も寄せられました。

最近では、「明治ほほえみらくらくキューブ」を備蓄用ミルクとして保有する自治体なども増えています。今回は、使い勝手のよさが災害などの緊急時にも注目されている「明治ほほえみらくらくキューブ」についてご紹介いたします。

○「明治ほほえみらくらくキューブ」は個包装で、形状がキューブタイプの粉ミルクです。袋から哺乳ビンにポンッと入れるだけなのでスプーンの計量もなく、粉が飛び散ったり、こぼれたりする心配がありません。哺乳ビンに入れるときでも一切手で触れることがないので、衛生状態が気になる避難生活の中でも安心してご利用いただけます。

○キューブ1個で40mlのミルクが作れます。赤ちゃんの飲む量に合わせて何個入れたかがひと目でわかるので、ミルク作りに不慣れなお父様や祖父母様をはじめ、誰でも簡単に正確に、ミルクを作ることができます。

○個包装なので数回分のみの持ち運びにも便利です。外出先でも手早く手間なくミルクが作れます。

○賞味期限は製造日から1年半です。必要な分の個包装だけをその都度開ければよいので、長期保存が可能です。箱は四角なので備蓄用として保管にも便利です。
一般に大規模災害が起きた時、地域差はありますが、公的な支援が届くまで3日はかかると言われています。「明治ほほえみらくらくキューブ16袋入り(大箱)」は、1袋に5個のキューブ(200ml分)が入っています。例えば1日200mlを5回飲む赤ちゃんの場合は、1箱で3日もつことになります。
※小箱(5袋入り)は1袋に4個(160ml分)のキューブが入っています。

普段は母乳育児のお母様も、災害のショックやストレスから母乳が出にくくなることもあります。母乳育児のお母様も粉ミルクを備えておくと安心ですね。
1~3歳のお子様がいらっしゃるご家庭では、1~3歳の不足しがちな栄養をまとめてサポートする「明治ステップらくらくキューブ」をご用意いただくことをおすすめいたします。
赤ちゃんのために備えておきたい防災用品について、明治ホームページでもご紹介していますので参考にご覧ください。

「明治ほほえみらくらくキューブ」はお母様の育児の負担を少しでも軽くしたいという思いから生まれたミルクです。外出用、備蓄用だけでなく、日常使いのミルクとして使い勝手抜群の「明治ほほえみらくらくキューブ」をぜひご利用ください。

赤ちゃん相談室ではお母様のご心配な点やお聞きになりたいことについて、お応えできるように努めております。何かご心配がありましたらお気軽にお電話ください。相談員一同、お待ちしております。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの栄養に関するご相談)

2020年4月1日からナビダイヤルからフリーダイヤルにてご相談をお受けしています。

フリーダイヤル

0120-035-553

  • お電話のみの受付としています。

  • 受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)

赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」
~お母様から寄せられた感動体験vol.88~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。

些細なことで夫と喧嘩になっても「子どもの前で喧嘩をするのはよくないからやめよう」とお互い思うようになり、喧嘩をしなくなりました。また、夫は飲みに出歩くこともほとんどなくなり、休日も子どもと遊んで過ごすようになりました。
子どもの笑顔は自分だけでなく、周りの人みんなを癒してくれます。

(30歳 第1子 9か月)

赤ちゃん相談室だより 一覧へ