鉄チェック活動

知っていますか?お子さまの2人に1人は鉄不足!

※1「日本人の食事摂取基準(2020年版)」の推奨量(12~36ヵ月)と「国民健康・栄養調査(平成28年)」の摂取量中央値(12~36ヵ月)の比較

1日に必要な「鉄」を摂るには、
普通の食事だけでは大変です。

幼児の2人に1人は「鉄」不足の状態です。

  • ※2  12~36カ月の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」推奨量
  • ※3  12~36カ月の「国民健康・栄養調査(平成28年)」男子の摂取量中央値、ただし女子の鉄摂取量中央値は3.3mg/日

育ち盛りのお子さまには「鉄」は必要不可欠!

脳の活動に必要な酸素を運ぶ栄養素
1〜3歳の間に「脳」は大人の約90%まで成長!

成長期のお子さまにとって「鉄」は、

脳の働きや成長にはかかせない重要な栄養素なので、

「鉄」が不足しないように
することが大切です。

全国で1〜6歳のお子さまを対象に「鉄」測定会を実施いたします!

※体重10kg以下のお子さまは1歳
以降でも計測が出来ません。

Masimo 指先クリップで約30秒で測定!

株式会社 明治は「鉄」不足のお子さまが
2人に1人という実態を受け、
鉄不足ゼロを目指した取り組みとして

全国で無料で受けられる鉄チェック活動を開始いたしました。

お近くの会場でお気軽に
「鉄」チェックにご参加ください!

「鉄」チェック活動測定会概要

その1

採血不要!
約30秒で鉄不足チェック!

指先にクリップを挟むだけでヘモグロビンが測定できる装置「パルスCOオキシメータ Rad-67(マシモジャパン株式会社)」を用いて血中のヘモグロビン濃度を測定することで鉄不足の可能性がないかを確認します。

1~5歳までの日本人幼児102名のヘモグロビン濃度を「パルスCOオキシメータ Rad-67(マシモジャパン株式会社)」で測定し、採血した血中ヘモグロビン濃度と比較することで本測定装置による幼児の血中ヘモグロビン濃度測定が有用であることを確認済みです。

※本製品は医家向け医療機器です。

その2

会場で明治の栄養士へ
相談できます!

測定会場では明治の栄養士が対応いたします。
「鉄」不足についての不安なことや、
育児についての悩みなどがあればその場でご相談いただけます!

その3

「鉄」BOOKをプレゼント!

幼児期における鉄の重要性や対策がよくわかる「鉄」BOOKや
商品サンプルをご来場いただいた皆様にプレゼント!

※デザインはイメージです。変更がある場合がございます。

お近くの会場へぜひお越しください!

測定会に参加される
お子さまと保護者様へ

当活動で得られた測定結果は、今後の研究のため利用させていただきます。
注意事項をご確認の上でご参加ください。

監修

堤ちはる先生
相模女子大学栄養科学部健康栄養学科教授、保健学博士、管理栄養士

日本女子大学家政学部食物学科卒業、同大学大学院修士課程修了、東京大学大学院修士・博士課程修了。米国コロンビア大学医学部留学などを経て、恩賜財団母子愛育会 日本子ども家庭研究所・栄養担当部長に。2014年より現職。長年、乳幼児の栄養の研究に携わっており、「授乳・離乳の支援ガイド」改定に関する研究会委員を務める。

活動主体
活動協力