食を知る

知っ得!品質マメ知識 チーズ編

プロセスチーズとナチュラルチーズ

ナチュラルチーズ

乳を固めて発酵熟成させたのが「ナチュラルチーズ」。 文字通りナチュラル=自然なチーズで、中に含まれている乳酸菌も生きています。原料の乳の種類や製造方法、使用する微生物(乳酸菌やカビ)、生産地の風土などによって形状も風味も大きく変わるのが特徴です。 さらに、熟成の進行と共に風味も変わるので、ナチュラルチーズには食べ頃があります。

プロセスチーズ

日本で昔からなじみが深いのが「プロセスチーズ」。
原料は1種類または数種類の「ナチュラルチーズ」で、細かく刻んでから加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したのが「プロセスチーズ」です。『スライスチーズ』や『6Pチーズ』などさまざまな形に加工されます。
加熱殺菌しているため保存性が高く、嗜好性や用途に合わせてお好きな種類を選べます。

↑ページTOPヘ