おみごとミルク 0120(035)369
土・日、祭日、年末・年始を除く 9:00〜17:30

宅配店からこんにちは

明治の宅配 ホーム > 宅配店からこんにちは > 長野県長野市 明治牛乳吉田販売所 ミルクランド

「お客さまの喜ぶ姿を見たいから」しなやかな心配りがきらりと光る宅配店

長野県長野市 有限会社 明治牛乳吉田販売所 ミルクランド

代表取締役:
青木 起美雄
事業本部住所:
〒381-0043
長野県長野市吉田3丁目8-4
電話番号:
026-241-8065
FAX番号:
026-241-7501
営業所:
上田店(電話:0268-39-1082)
【写真】長野県長野市 明治牛乳吉田販売所 ミルクランド
【写真】長野県長野市

今回訪問させていただいた『明治牛乳吉田販売所「ミルクランド」(以下ミルクランド)』さんは、長野駅から車で10分ほどの住宅街にある宅配店。長野オリンピックに合わせて開業した長野新幹線(北陸新幹線)で今では東京駅から長野駅までおよそ1時間半と首都圏からもアクセスが非常によくなり、最近では新幹線が金沢まで伸びたことにあわせて駅舎もリニューアルされまさに信州の玄関口の様相。

しかも、訪れたのがちょうど7年に一度、約2ヶ月にわたって行なわれる「善光寺御開帳」というとても大きなイベントの終盤時期とも重なり、長野駅近辺は早朝から多くの人でにぎわっていた。

先代の量販事業から宅配事業に移行し、現在の礎を築く

【写真】社長の青木起美雄さん

本社の宅配店は個人宅への宅配事業の他にも、病院や幼稚園への卸業や自動販売機の事業なども行うマルチ型と言われる店舗。
オフィスの壁には、宅配のお客様からのお手紙や幼稚園の子供たちからのメッセージなどが飾られており、地元に愛される存在であることが分かる。
「こんなメッセージを頂けるとスタッフの皆さんも励みになりますね」とお伝えすると「これなんてね、幼稚園のお子さんから毎年カレンダーをいただくんだけど、ちっちゃな子供たちが手作りでわざわざ作ってくれたことを思うと、前の年のも捨てられなくてね」と、ほころぶ笑顔で今年のカレンダーをめくって見せてくれると、数年分のカレンダーが大事にその下に保管されていた。

【写真】幼稚園の子供たちからのメッセージ

社長の青木起美雄さんは、先代のお父さんがスーパーなどに商品を卸す量販事業をメインにしていた仕事を10年ほど一緒に行い、ご自身の代になって明治の営業担当からの勧めもあり宅配事業を開始された2代目。
仕事以外にも地域の活動にも非常に熱心で、PTAを始め消防や町会、商工会など様々な役を引き受け地元の自治や商業の発展にも貢献をされており
「宅配の仕事はまさに地元の方とのご縁ですから、出来ることは引き受けます」という。

「宅配の仕事を通じて、一軒一軒のお客さまの大切さを学びました」

【写真】青木さんとスタッフ

ミルクランドは長野本店と上田店の2拠点を中心に事業を展開されている。
今では宅配がメイン事業となっているが、同じ明治の商品とはいえ宅配経験など全くない中で、ビジネスモデルが異なる個人宅への宅配事業を始められた当時はさぞやいろんなご苦労もあったと思われる。
そうした経緯を伺ってみると、土地勘もほとんどないにも拘らず、たまたま上田市に宅配店を行う場所が確保できたことから、単身そこへ乗り込んで日々ひとりで宅配の営業活動を行ったという。
それが実を結び、契約軒数が100軒を超えたところでスタッフを拡充し、今では8名体制の拠点として実績を伸ばしてきたそうだ。
社長は今でも長野本店での業務に加え、週に2日は上田店に出向きスタッフと共に汗を流している。

【写真】ミーティング風景

そうした経緯もさらっと話されるが、そもそも長野店から上田店まで車で片道1時間半かかる。これは、なみたいていの努力ではなしえないこと。
何が青木社長をこれほどまでに宅配事業へ情熱をかき立てさせるのかが知りたくなる。
「宅配の仕事を通じていろんなことを学べるんですよ」
「例えばお客さまも、以前量販を行っていた時はスーパーの仕入れ担当者ばかりを向いていればよかった。ところが、宅配は取引額も全く桁違いにはなるんですが一軒一軒のお客さまを大切にすることの重要性をこの仕事から学びました」という。
たった一人で、ゼロの状態から宅配の開拓を行った社長だからこそ言える、とても説得力のある言葉だった。

次のページへ

このページのトップへ戻る

明治の宅配は1本で1日分のカルシウムと鉄分が摂れる「明治ミルクで元気」などの商品をご自宅まで定期的にお届けします。

明治の宅配 ホーム