おみごとミルク 0120(035)369
土・日、祭日、年末・年始を除く 9:00〜17:30

宅配店からこんにちは

明治の宅配 ホーム > 宅配店からこんにちは > 鹿児島県薩摩川内市 いわした牛乳

サザエさんの、三河屋さんのような宅配店を目指して

鹿児島県薩摩川内市 いわした牛乳

代表取締役:
岩下王武(おのお)
事業本部住所:
〒895-0005
鹿児島県薩摩川内市永利町111-6
電話番号:
0996-27-1108
FAX番号:
0996-27-1115
営業所:
出水店(鹿児島県出水市昭和町52-7)
鹿児島県薩摩川内市 いわした牛乳

地域密着の牛乳屋さんを目指して

【写真】降り立った鹿児島中央駅から見える桜島からは噴煙が上がっており歩いていても降灰が分かるほど。

今回は九州の鹿児島より「いわした牛乳」をご紹介します。降り立った鹿児島中央駅から見える桜島からは噴煙が上がっており歩いていても降灰が分かるほど。まさに地域環境の特色だ。九州といえばこれまで交通インフラが便利とは言えないエリアであったが2011年の九州新幹線開通で、鹿児島から博多まで約1時間20分と交通網が飛躍的によくなった。
「いわした牛乳」はその九州新幹線で鹿児島中央駅より10分少々の隣の駅「川内」に本部があり、隣接している「出水市」には物流拠点を構える。
創業は1994年、99年からは2代目社長の岩下王武(おのお)さんが創業者である父親より事業を引き継ぎ、今では明治の宅配店でもトップクラスの地域密着を実現している優良宅配店だ。
そこにはユニークな取り組みがあるはずと早速、社長にインタビューを試みた。

経営環境が厳しくなった時、宅配店の原点を見つめなおすきっかけに

【写真】経営環境が厳しくなった時、宅配店の原点を見つめなおすきっかけに

「私が先代から引き継いだときは、1,000軒程度でしたが現在はその3.5倍程度でしょうか」と現状の配達軒数を教えて頂いた。数字だけ聞くと事業を引き継いで順風満帆に来たように聞こえる。しかし、ここに至るまではそう簡単ではなかったようだ。
事業を継承して以来拡大し続け、2007年には約4,000軒まで契約件数を伸ばしたものの、そこをピークに、新規開拓軒数よりも解約軒数が上回るようになり、保有軒数が減少していったという。

ではその時、さらに営業力を強化して新規開拓をされたのでしょうか?その問いに岩下社長は「いえ、そのような時だからこそ原点に返って宅配店としての当社の課題点は何かを洗い出してみたのです」そこで次の2点が大きな課題として明確になったという。
ひとつは、ご契約頂いているお客様の解約率が高いこと。そしてもう一つは、営業スタッフの定着率が思わしくなく、慢性的な人員不足になっていたことであった。
この課題が明確になったことにより、「いわした牛乳」の事業改革が始まることになる。

【写真】社訓

話は変わるが、顧客満足向上を目的に様々な改革を行ってこられた岩下社長だが、事業を引き継ぐまで何かしらの流通業、もしくは接客業を経験されてきたのではないだろうかと勝手な想像をしていた。しかし予測は見事に外れ、なんと短期大学を卒業後、大阪でシステムエンジニアをされていたという。
「私は異業種からこの仕事を始めましたから、初めは何もわからなくて」と事業を引き継いだ当時のお話もしていただいた。
今振り返って明治の宅配店を創めてよかったと思うことは、宅配店同士に強い絆があることだと言う。近隣の宅配店は商売上のライバルでこそあるが、一方で仲間を思う気持ちが強く、新規事業主である自分に対し、ずいぶんといろんなことを教えられ、助けてもらった。
岩下社長はこの様な経験から、自分はお客様目線の経営者を目指したい!と思われたという。恐らくそのような思いに基づく企業経営の視点があったからこそ、この課題解決に向けた様々な取り組みが成功したのではないだろうか。

次のページへ

このページのトップへ戻る

明治の宅配は1本で1日分のカルシウムと鉄分が摂れる「明治ミルクで元気」などの商品をご自宅まで定期的にお届けします。

明治の宅配 ホーム