カカオポリフェノール・カカオプロテインの情報公開中!

みんなのチョコレート健康ライフ

株式会社明治

5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン

TOP > 5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン

5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン

カカオポリフェノールとは?

今、食べ物に含まれている成分に対する関心が高まっています。さまざまな成分の中でも、注目度が高いものといえばポリフェノール。「動脈硬化予防に効果があるらしい」「カラダのサビ、活性酸素を退治してくれる……」などなど数多くの研究を通じて、その多彩な機能が次々に明らかにされています。緑茶、赤ワインをはじめ、ポリフェノールが含まれた食べ物はいろいろありますが、チョコレートの材料、カカオ豆にもカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。実はこのポリフェノール、自然食品から摂取することが意外に難しいことはあまり知られていません。では、比較的効率よく摂取できるものはないのでしょうか?実は、それこそ素材を丸ごと使うことができるカカオ豆なのです。ポリフェノールが豊富に含まれ、しかも気軽に利用しやすい食べ物、その代表がチョコレートやココアというわけです。

カカオプロテインとは?

チョコレートに含まれるカカオ成分のうち、カカオポリフェノールと並び立つのがカカオプロテインです。カカオプロテインには難消化性の性質があり、小腸で消化吸収されず、大腸に届き、便の基材となってかさを増すことができます。また、腸内細菌のえさとなり腸内フローラを変化させることで、整腸作用を及ぼします。カカオプロテインには、便のかさ増し効果と整腸作用による「便通改善」の効果が期待できるというわけです。

カカオポリフェノール・カカオプロテインの
さまざまな効果

ポリフェノール

01{ 血圧低下 }

血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。

チョコレートと血圧低下の関係について

ポリフェノール

02{ 動脈硬化予防 }

動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されること。カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。

チョコレートと動脈硬化の関係について

ポリフェノール

03{ 抗ストレス }

心理的、肉体的にストレスを感じるような状況に置かれたとき、カカオポリフェノールをとることでストレス反応が軽減され、またストレスによるホルモンの増加も抑制されることが確かめられています。

ストレス×チョコレートについて

ポリフェノール

04{ 美容効果 }

見た目年齢が若くても、肌は年齢とともに老化します。カカオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが確かめられています。

チョコレートと美容の関係について

ポリフェノール

05{ アレルギーの改善 }

アレルギーの発症には過剰に作られる
「活性酸素」が関わっています。カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。

チョコレートとアレルギーの関係について

ポリフェノール

06{ 脳の活性化 }

脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。

チョコレートと脳活性化の関係について

プロテイン

07{ 便通改善 }

便通をよくする方法には、便のかさを増すことと、腸内環境を整えることがあげられます。世界で初めて抽出に成功したカカオプロテインの消化されにくい性質(難消化性)には便通改善の働きが期待されます。

チョコレートと便通改善の関係について