カカオポリフェノール・カカオプロテインの情報公開中!

みんなのチョコレート健康ライフ

株式会社明治

チョコレートでおいしく健康に 動脈硬化×チョコレート

TOP > チョコレートでおいしく健康に 動脈硬化×チョコレート

チョコレートでおいしく健康に 健康×チョコレート

チョコレートでおいしく健康に

  • 便通改善×チョコレート
  • 脳活性化 × チョコレート
  • 動脈硬化 × チョコレート
  • 血圧低下 × チョコレート
  • ストレス × チョコレート
  • 美容 × チョコレート
  • アレルギー × チョコレート

チョコレートが動脈硬化を防ぐとは

チョコレートが血液の流れを変える?

生活習慣病である虚血性心疾患や脳卒中は、動脈硬化が原因となることが多く、ガンについで日本人の死因の上位にあげられる恐ろしい病気です。動脈硬化の主な原因は、LDL(悪玉)コレステロールが活性酸素の影響を受けて酸化してしまい、それが動脈に悪影響をあたえるというものです。動脈硬化をいかに防ぐかは、私たちの健康を考える上で非常に大切なテーマといえるでしょう。

チョコレートの成分、カカオポリフェノールにLDLコレステロールの酸化を防ぐ働きがあることが明らかにされ、動脈硬化予防とカカオポリフェノールの関係については、さまざまな角度で研究が続けられ成果があげられています。カカオポリフェノールの血液の流動性に関する研究だけではなく血管をしなやかにする作用についても研究がなされています。

あなたの血液はドロドロ?
それともサラサラ?

特殊な測定機器を使って調べてみると、粘り気のある血液かサラサラの血液かは一目瞭然です。個々の生活習慣、食事内容、体質など、血液の流れを左右する要因はさまざまですが、これほど違うことに驚かれる人も多いことでしょう。

チョコレートが血液をサラサラにする

チョコレートを食べる前と食べた後、特殊な装置で血液の流れを比較したところ、驚くべき結果が……。チョコレートを食べた後、全員の血液の流れる時間が短縮されたのです。なかでもAさん(男性)は70秒から40秒と大幅に改善されていました。

引用:西堀ら:日本ヘモレオロジー学会, 誌5(2), 75-7, 2002.

カカオポリフェノール1120mg入りのチョコレートを連続3日間摂取して、全血通過時間を調査した結果です。4人中3人は短縮が認められ、6.7~16.2%の幅で変化しました。被験者のうち1名は風邪をひいたため、-16.67%と延長。風邪をひいた被験者Dを除外すると、なんと、10.0%の全血通過時間の短縮がみられました。

引用:西堀ら:日本ヘモレオロジー学会, 誌5(2), 75-7, 2002.

ココアでも効果を証明。
カカオポリフェノールが改善に関係

カカオポリフェノール500mg入りのココアでも同様に血流の変化を調べてみたところ、チョコレートと同じように血液の流れを改善することがわかりました。この結果、カカオポリフェノールが改善に関わっている可能性が高いことが明らかになりました。

引用:西堀ら:日本ヘモレオロジー学会誌, 5(2), 75-7, 2002.

血液をサラサラにするだけでなく血管もしなやかに

加齢とともに血管のしなやかさは少しずつ失われていきますが、できるだけ血管のしなやかさを長く保てればそれだけ動脈硬化になる可能性を減らすことができるはずです。健康な男性にダークチョコレートあるいはホワイトチョコレートを2週間食べていただき、血管のしなやかさを調査した研究があります。ポリフェノール550mgを含むダークチョコレート食べた人では食べる前と後で比較して血管がしなやかになったという結果が得られています。この研究以外でもカカオポリフェノールによる血管をしなやかにする効果について数多くの報告がなされています。

チョコレートでおいしく健康に

  • 便通改善×チョコレート
  • 脳活性化 × チョコレート
  • 動脈硬化 × チョコレート
  • 血圧低下 × チョコレート
  • ストレス × チョコレート
  • 美容 × チョコレート
  • アレルギー × チョコレート