ヨーグルトの基礎知識

トップページ > ヨーグルトの基礎知識 > ヨーグルトの種類

ヨーグルトの種類

栄養食品として優秀であり、おいしさ・食感、他の食材と馴染みやすい等の多彩な魅力から、現在、多くの種類のヨーグルトが食べられています。一般にヨーグルトは、以下の5つのタイプに分類されます。

「プレーンヨーグルト」

砂糖や香料などの添加物を一切加えず乳を乳酸菌で発酵させただけのシンプルなヨーグルトで、そのまま食べるだけではなく、料理にも利用できます。

「ハードヨーグルト」

原料乳に甘味料や果汁、寒天やゼラチンを加えてプリン状にしたヨーグルトで、日本で最初に発売されたのが、このタイプです。最近は、寒天、ゼラチンを使用しないものもあります。

「ドリンクヨーグルト」

ヨーグルトの組織を細かく砕いて液状にしたもの。甘味料、果汁などを加えて飲みやすくしたものがほとんどです。

「ソフトヨーグルト」

発酵して固まったヨーグルトをかき混ぜて滑らかにし、甘味料や果汁・果肉などを加えてあります。

「フローズンヨーグルト」

ヨーグルトに空気を含ませて冷凍したアイスクリーム状のヨーグルトです。凍結していますが、菌は生きています。

製法によっても分類

ヨーグルトの発酵方式は、容器に中身を入れてから発酵させる「後発酵タイプ」と、タンクで発酵させた後に容器に入れる「前発酵タイプ」です。
プレーンヨーグルト、ハードヨーグルトの多くは後発酵タイプで、ドリンクヨーグルト、ソフトヨーグルトなどは前発酵タイプ。それぞれ口当たり、味わいなどに特長があります。