ヨーグルトと美容・健康講座

トップページ > ヨーグルトと美容・健康講座 > ヨーグルトと美肌の関係(1)

ヨーグルトと美肌の関係(1)

美容とヨーグルトの関係を、専門の先生にリサーチしました。
今回は「ビューティー&ヘルシー」OPEN記念として、
美肌チェックからスタートです。

美肌チェック!

Q1:肌がかさつきやすい? A:とくに感じない B:いつもそう思う 
Q2:化粧くずれしやすい? A:くずれやすい B:くずれにくい 
Q3:肌がくすみやすい? A:思わない B:そう思う 
Q4:毛穴が目立つ? A:とくに思う B:思わない 
Q5:ニキビができやすい? A:できやすい B:できにくい

Aが4〜5個の人【タイプ1/脂リッチな元気肌】 Aが2〜3個の人【タイプ2/バランストラブル混合肌】 Aが0〜1個の人【タイプ3/活力不足の乾燥肌】

Aが4〜5個の人
【タイプ1】脂リッチな元気肌

全体的に脂っぽくなりやすい肌。過剰な皮脂を抑えるお手入れが必要です。洗顔前に蒸しタオルやスチームをすると、毛穴が開き、汚れが落ちやすくなります。皮脂分を抑える収斂化粧水や毛穴のつまりを除くピーリング作用のあるローションを使うのも効果的です。毛穴の黒ずみ・ニキビに効果のあるビタミンE、C、食物繊維を多く含む食品を摂りましょう。

監修:エフシージー総合研究所 暮らしの科学部長・企画開発部長 菅沼薫先生

Aが2〜3個の人
【タイプ2】バランストラブル混合肌

テカリとかさつきが混在した混合肌。過剰な皮脂を抑え、カサつくところは保湿のお手入れが必要です。まずは丁寧な洗顔が大事、泡洗顔やミクロ繊維のクロス洗顔も効果的です。ただし、カサついている頬や口元には、手指でやさしく洗顔してください。保湿効果の高い化粧水、美容液、クリームで充分な潤いを補給しましょう。肌の基礎を作るタンパク質とビタミンB群、Cを多く含む食品を摂りましょう。

監修:エフシージー総合研究所 暮らしの科学部長・企画開発部長 菅沼薫先生

Aが0〜1個の人
【タイプ3】活力不足の乾燥肌

活力の衰えを早く感じやすい乾燥肌。保湿補給はもちろん、肌本来の活力をアップするように体の中からも補いましょう。スキンケアする際には、蒸しタオルやスチームで肌を温めてからつけると浸透力が高まります。洗顔時は刺激を与えないように優しく。コラーゲンやタンパク質、肌荒れや新陳代謝を促進するビタミンA、B群を多く含む食品、香辛料など身体を温める食品も積極的に摂りましょう。

監修:エフシージー総合研究所 暮らしの科学部長・企画開発部長 菅沼薫先生

監修:エフシージー総合研究所 暮らしの科学部長・企画開発部長 菅沼薫先生

  • 1
  • 2

キレイのかぎ「腸内フローラ」