安定調達への取り組み

貢献する
SDGs
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

メイジ・カカオ・サポート

酪農家との取り組み

生乳の安定調達に向けた国内酪農家とのパートナーシップ

お客様に高品質で安全・安心な製品を提供するため、(株)明治では原料乳を生産している酪農家の皆さんが安定した経営を継続できるよう独自の支援を行っています。

生乳流通と品質管理

明治グループでは、おいしい良質な牛乳をお客さまに届けるために、その生産元である酪農家や生産者団体と協働し、安定的かつ高品質の生乳の生産支援に努めています。

イラスト:高品質な生乳を安定調達するための取り組み・生産現場 牛の飼育環境や飼料の確認、生産者団体への生乳の風味に関する勉強会の開催・工場搬入時 風味専門パネラーの育成と搬入時の検査徹底・研究所 品質の維持向上に向けた成分、物性などの理化学分析、おいしさの評価ならびに情報発信、検査をより正確かつ迅速に行うための技術開発

環境や牛の健康に配慮した酪農を支援

「明治オーガニック牛乳」は、北海道の牧場で有機飼料により大切に育てられた乳牛から搾った生乳のみを使用し、有機JAS規格の認証を受けています。オーガニック牛乳の開発は、1999年から津別町有機酪農研究会の酪農家で検討を開始しました。その後、2006年に当時5軒の酪農家の方々が「有機畜産物のJAS規格」の認証を取得し、北海道限定で「明治オーガニック牛乳」として販売を開始しました。明治グループでは牛乳の販売を通じて、環境や乳牛の健康に関心のあるお客さまに向けて新しい牛乳の価値を提供していきます。

イラスト:環境や牛の健康に配慮した酪農のイメージ図・環境にやさしい土づくり(乳牛の排泄物は堆肥にされ、農地への還元を行っています)・有機資料の栽培(有機資料は自然の力を活用し、循環型農法で育てられます)・大事にやさしく育てる(乳牛はストレスの少ない環境の中、管理の行き届いた牛舎で大事に育てられています)
  • 2019年度の農林水産祭におきまして、優れた活動や実績を上げた農林水産経営者を表彰する「天皇杯」を、津別町有機酪農研究会の石川賢一会長が受賞されました。
    主な受賞理由は「有機酪農の推進と有機農法での優良な自給飼料の栽培」です。

独自の生産者経営支援活動による酪農家支援

写真:ディスカッションの様子
生産基盤支援に向けたディスカッション

国内の酪農業において、生乳生産基盤の弱体化が危惧されるなかで、労働力確保や人材育成などのマネジメントに酪農家が苦慮している現状があります。明治グループでは、このような課題の解決に貢献するべく、生産現場の作業性を向上させて農場マネジメントをサポートする独自の生産者経営支援活動(MDA:Meiji Dairy Advisory)に力を入れています。MDAが目指しているのは、従業員にとっては作業の効率化や働き甲斐の向上、経営者にとっては農場全体の生産性向上や優秀な人材確保を実現していくことです。具体的には、明治グループの専門スタッフによるアドバイザリーを通して、従業員一人一人が当事者意識を持ち、農場の無駄の削減や作業の標準化などを継続的に実施する体制づくりを行っています。このMDAの取り組みを今後グループ会社の明治飼糧(株)と協力しながらいっそう推進し、牧場現場の作業改善と経営管理技術の向上によって持続可能な酪農につながるよう努めていきます。

「良質乳生産」に取り組むパートナー

「健康な牛づくり」、「食の安全・安心」、「環境への配慮」、「衛生的な作業および衛生的な作業空間」の4つを軸として「良質乳生産」に取り組んでいるパートナーをご紹介します。

北はるか農業協同組合 (北海道中川郡美深町)

  • 世襲に頼らない「居抜き継承」を推進する組織を設立。牛舎や牛はもちろん、住宅までも引き渡し、新規就農者を後継者とした受け入れを推進
  • (株)明治がサポートする「高品質乳生産の匠」が、地区生産者の連携、情報共有、スキルアップに貢献

北はるか農業協同組合

南牧場 (福井県勝山市)

  • サラリーマンになるのと同じような感覚で、酪農家を志望できるようにするための新しい発想にチャレンジ
  • (株)明治のメーカーとして衛生に対する厳しさは、酪農家一人ひとりに“食品を扱っている”という意識を浸透させることにつながっている

南牧場

大塚牧場 (三重県鈴鹿市)

  • 自給飼料の栽培とともに、牛舎環境の美化に力を入れたことが生産性を上げ、品質の向上に繋がる
  • (株)明治が酪農家のパートナーとなり、『品質』の意味を知ってもらう取り組みを支援

大塚牧場

宮田牧場 (長崎県雲仙市)

  • 牛たちの健康管理には、きめ細かく配慮し餌の配合も独自のものに。それがこだわりの乳質を生み出す
  • (株)明治は宮田牧場をはじめとする南高地方酪農業協同組合の酪農家をサポートし、生産者と消費者をつなぐ役割を負う

宮田牧場

堺酪農団地 (大阪府堺市)

  • 消費地に近い生産地として、また酪農団地ならではの共有による効率化、そしてなによりも牛1頭、1頭と向かいあうことを大切にする
  • (株)明治では顔を合わせるコミュニケーションを大切にし、酪農団地全体の価値向上を支援

堺酪農団地

井畑牧場 (青森県水戸町)

  • 牧草づくりと米畑との兼業と酪農を両立させるために良いと思うことにはどんどんトライし、生産環境を良くし、価値向上のつなげる
  • (株)明治はJAとも協力し、勉強会の開催、データで示す品質改善のアドバイスなどで支援

井畑牧場

須藤牧場 (千葉県館山市)

  • 『選ばれる牛乳』であるために、ストレスの少ない育成環境を強く意識。消費者に酪農を知ってもらう活動も
  • あくまでも酪農家のみなさんが主体の取り組みを(株)明治がサポートするという意識をもつことで信頼関係を生む

須藤牧場

山川牧場 (岡山県倉敷市)

  • 牛の個性に合わせて育てる。家族経営の牧場だからできる細かな牛への対応が良質の牛乳を生む
  • (株)明治は関らず牛舎を見て、アドバイスし、一緒に取り組み、一緒に一喜一憂してサポートする

山川牧場

明治グループのサステナビリティ関連情報