明治TOP > お客様サポート > 赤ちゃん相談室だより

赤ちゃん相談室だより

「明治赤ちゃん相談室」のご案内

赤ちゃん相談室では、赤ちゃんとお母様の栄養や育児の相談を電話でお受けしています。「母乳やミルクを飲まない」「離乳食をどのようにすすめたらよいか」などの相談が寄せられ、日々お母様と一緒に考えさせていただいています。その声はどれも真剣で、育児に対する思いが伝わってきます。1976年に開設し、以来40余年続いてきた「赤ちゃん相談室」をご紹介します。

相談内容 ●離乳食の進め方
(食事の量や回数の増やし方、進め方、食材の選び方など)
●授乳について
(ミルクの量や授乳間隔、アレルギー用ミルクの選び方など)
●母親・妊産婦の栄養相談
※そのほか、赤ちゃんの生活などの相談はわかる範囲でお伺いしています。
相談員 管理栄養士・栄養士が相談に応じます。相談者の立場になってお伺いし、お母様方の意思を尊重しながら一人ひとりに合ったアドバイスや方法を一緒に考えていきます。
相談の流れ ご希望の方は登録をし、ご相談内容の記録を残しています。登録をされると、後日利用された時に今までのご相談の経過を確認しながら、日々成長する赤ちゃんの状況に合わせてお話を伺うことができます。
お問い合わせ先
相談窓口
第3火曜を除く、月〜金曜日10:00〜15:00
毎月第3火曜日と特別休日(12/28〜1/3)はお休みさせていただきます。 ナビダイヤル 0570-025-192 ナビダイヤルでご相談にお応えしています。

赤ちゃん相談室だよりインデックス

2016/09.
2015年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【9〜12か月児】
2016/08.
2015年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【4〜8か月児】
2016/07.
2015年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【0〜3か月児】

2016.092015年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【9〜12か月児】

今月も先月に引き続き9〜12か月の赤ちゃんの、2015年度の相談年間TOP5と相談内容の一部をご紹介いたします。

  • 1位・・・フォローアップミルクの開始時期
  • 2位・・・離乳食のリズム
  • 3位・・・授乳の目安量
  • 4位・・・離乳食を食べない
  • 5位・・・食後の授乳

この月齢の相談では、フォローアップミルクに切り替える時期について迷うご相談が最も多く寄せられました。2012年度、2013年度にTOP5に入っていた“離乳食を食べない”(昨年度6位)が、今年度は、4位に入りました。

【1位】“フォローアップの開始時期”では
「ほほえみとステップはどちらを飲ませたらよいですか。ミルクの違いを知りたいです(9か月)」
「離乳食をよく食べるので9か月になっていなくてもステップ(フォローアップミルク)に切り替えてよいですか(8か月)」
「もうすぐほほえみを飲み終わります。次にほほえみとステップどちらのミルクを買ったらよいですか(11か月)」

母乳の代わりのミルク「ほほえみ」と、牛乳、食事では摂りにくい栄養をサポートするミルク「ステップ」の違いや、「ステップ」に切り替える目安に関わる相談が多く寄せられています。

【2位】“離乳食のリズム”では
「3回食にしたいと思います。いつ始めたらよいのかタイミングがわかりません。(9か月)」
「いつから大人と同じ時間にしてよいですか(11か月)」

【3位】“授乳の目安量”では
「離乳食を食べるようになりミルクの量が減りました。どのくらいミルクを飲めばよいですか。(10か月)」
「ミルクをたくさん飲んでいて、栄養の摂り過ぎになりませんか(11か月)」

【4位】“離乳食を食べない” では
「今までは順調に食べていたのに、急に食べなくなりました。どのようにするとまた食べるようになりますか(9か月)」
「しばらくすると動き始め食べなくなります。無理にでも食べさせた方がよいですか(11か月)」
「野菜を食べません。どのようにしたら食べるようになりますか(10か月)」
『急に食べなくなり栄養面が心配』『作っても食べないのでがっかり』などお母様のお気持ちは様々です。

【5位】“食後の授乳” では
「食後の母乳を飲まなくなりました。飲ませなくてよいですか(9か月)」
「離乳食をしっかり食べていますが、ミルクが好きで食後のミルクが減りません。それでもよいですか(10か月)」

などのご相談が寄せられました。

9〜12か月ごろは、授乳の様子や離乳食の進み方の個人差が大きくなり、お子様の成長も様々です。赤ちゃん相談室では、お母様のお気持ちやお考えを伺いながら、ご一緒に考え、安心して子育てをしていただけるサポートを心がけております。ご心配、ご不安などがございましたらぜひお電話ください。

赤ちゃん相談室:0570-025-192

2016.082015年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【4〜8か月児】

先月号でもご案内しましたが、赤ちゃん相談室は今年10月に開設から40周年を迎えます。今ではインターネットで赤ちゃんの知りたい情報を簡単に調べられますが、赤ちゃんの電話相談ができるところを探して、明治の赤ちゃん相談室を知り、お電話くださるお母様もいらっしゃいます。
先月に引き続き、2015年度に寄せられた主なご相談の月齢別集計から、今月は4〜8か月の赤ちゃんのご相談年間TOP5の内容をご紹介いたします。

  • 1位・・・離乳食のリズム
  • 2位・・・授乳の目安量
  • 3位・・・離乳食の目安量
  • 4位・・・離乳食を食べない
  • 5位・・・授乳の間隔

5〜6か月頃に離乳食を開始し、7、8か月頃に2回食に進めるお母様が多いので、この時期は、離乳食にまつわるご相談が多く寄せられています。また離乳食を開始してから母乳やミルクの授乳の様子にも変化があって、授乳の目安量や授乳の間隔に関するご相談も多く寄せられています。

【1位】“離乳食のリズム”では
「離乳食を始めて1か月近くたちます。2回食を始めたいのですが、どのタイミングに食べさせたらよいですか(6か月)」
「おかゆ、野菜に慣れたのでたんぱく質食品を始めたいのですが、何からどのように始めればよいですか(6か月)」

【2位】“授乳の目安量”では
「ほほえみの缶にある標準調乳量表より多く飲んでいますが、大丈夫ですか(4か月)」
「今までは母乳だけでしたが、出方が悪くなってきたようなのでミルクを足したいと思います。どのくらい飲ませたらよいですか(6か月)」

【3位】“離乳食の目安量”では
「離乳食開始して2週間たち、おかゆ5さじと人参やじゃが芋を3さじずつ食べさせています。離乳食の本には1回食の目安量は載っていませんが、どのくらい食べられればよいですか(5か月)」
「2回食に進んで1か月たつので量を確認したいです。1回食の時はおかゆと野菜を数さじずつ食べていれば順調と言われましたが、2回食ではどのくらい食べていればよいですか。(7か月)」

【4位】“離乳食を食べない”では
「おかゆを始めましたが、口からベーっと出してしまいます。どうしたらよいですか(5か月)」
「発熱してから離乳食を食べなくなったのですが、どうしたらよいでしょうか(7か月)」

【5位】“授乳の間隔”では
「今も授乳の間隔が3時間空かないことがあります。これからは何時間おきに授乳するのがよいですか(4か月)」
「来月から保育園に通うことになりました。朝、家を出る時間が早いのですが、今の授乳のリズムでよいですか(8か月)」

赤ちゃん相談室ではお母様のお話をよくお聴きし、一緒に考えさせていただいています。相談員一同、ご利用をお待ちしております。

赤ちゃん相談室:0570-025-192

来月は9〜12か月の赤ちゃんのご相談TOP5をご紹介いたします。

2016.072015年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【0〜3か月児】

赤ちゃん相談室は、今年10月に開設から40年を迎えます。40年前はパソコン、携帯電話などはまだ普及していない時代でした。今ではインターネットで簡単に知りたい情報を調べることができたり、自治体の子育て支援制度が整備されるなど子育ての環境は便利になりました。しかしその反面、子育てに関する情報が氾濫して何を信じればよいのかわからず混乱するケースも見受けられます。時代とともに「育児の常識」は変化していますが、初めて育児をするお母様たちの戸惑いや不安は今も変わることはありません。これからも子育てに奮闘中のお母様の支援者として、お母様のお話しをよくお聴きし、一緒に考えながらお役に立てるように努めてまいりたいと思います。赤ちゃん相談室をこれからもよろしくお願いいたします。
赤ちゃん相談室では、毎年どのようなご相談が多く寄せられているか集計しています。2015年度に寄せられた主なご相談の月齢別集計がまとまりましたので、その中から今月は0〜3か月の赤ちゃんのご相談年間TOP5の内容をご紹介いたします。

  • 1位・・・授乳の目安量
  • 2位・・・授乳の間隔
  • 3位・・・授乳を嫌がる
  • 4位・・・調乳方法
  • 5位・・・赤ちゃんの身体の心配

この月齢でのご相談は圧倒的に授乳に関するもので占められており、お母様の不安や心配事が授乳に集中していることがうかがえます。また、2012年度にはTOP10にさえ入っていなかった“調乳方法”が2013年度から3年連続でTOP5にランクされています。

【1位】“授乳の目安量”では、
「母乳とミルクの混合栄養で育てていますが、母乳がどれくらい出ているのかわかりません。ミルクはどれくらい足したらよいでしょうか(0か月)」
「ミルク缶に表示されている調乳量は、月齢、体重どちらでみればよいですか(1か月)」

【2位】“授乳の間隔”では
「ミルクは3時間空けないといけないと聞きますが、あやしてもなかなか泣き止まない時は1〜2時間で飲ませてよいですか(2か月)」
「母乳で育てていますが、飲みたい時に飲ませているので授乳の間隔がバラバラです。大丈夫でしょうか(2か月)」

【3位】“授乳を嫌がる”では、
「飲み始めは順調に飲みますが、なぜか途中でミルクを嫌がって飲まなくなってしまい困っています。どうしたら飲んでくれますか(3か月)」
「急に母乳を嫌がって飲まなくなりました。ミルク嫌いは聞いたことがありますが、母乳を嫌がり飲まなくなることもあるのでしょうか(3か月)」

【4位】“調乳方法”では、
「早くミルクを冷ます工夫として、沸騰したお湯でミルクを溶かし、その後出来上がり量まで湯冷ましを足してよいですか(0か月)」
「大人が使用しているミネラルウォーターを、調乳にも使用してよいですか(1か月)」

【5位】“赤ちゃんの身体の心配”では
「寝ている時に急に手足、体がビクビクしますが大丈夫ですか。平気で寝ているときもありますが、それに驚いて泣き始めることがあります(0か月)」
「鼻の奥がフガフガいっていますが大丈夫でしょうか(2か月)」

相談が終わったあとでお母様から「色々話を聞いてもらって、安心しました。」「気持ちが楽になりました。電話してよかったです。」といったお声をかけていただくことがあります。そのような時はとても嬉しく思います。困ったとき、悩んだときはひとりで抱え込まずに、赤ちゃん相談室までお電話をください。相談員一同お待ちしております。

赤ちゃん相談室:0570-025-192

来月は4〜8か月の赤ちゃんのご相談TOP5をご紹介いたします。