明治TOP > お客様サポート > 赤ちゃん相談室だより

赤ちゃん相談室だより

「明治赤ちゃん相談室」のご案内

赤ちゃん相談室では、赤ちゃんとお母様の栄養や育児の相談を電話でお受けしています。「母乳やミルクを飲まない」「離乳食をどのようにすすめたらよいか」などの相談が寄せられ、日々お母様と一緒に考えさせていただいています。その声はどれも真剣で、育児に対する思いが伝わってきます。1976年に開設し、以来40余年続いてきた「赤ちゃん相談室」をご紹介します。

相談内容 ●離乳食の進め方
(食事の量や回数の増やし方、進め方、食材の選び方など)
●授乳について
(ミルクの量や授乳間隔、アレルギー用ミルクの選び方など)
●母親・妊産婦の栄養相談
※そのほか、赤ちゃんの生活などの相談はわかる範囲でお伺いしています。
相談員 管理栄養士・栄養士が相談に応じます。相談者の立場になってお伺いし、お母様方の意思を尊重しながら一人ひとりに合ったアドバイスや方法を一緒に考えていきます。
相談の流れ ご希望の方は登録をし、ご相談内容の記録を残しています。登録をされると、後日利用された時に今までのご相談の経過を確認しながら、日々成長する赤ちゃんの状況に合わせてお話を伺うことができます。
お問い合わせ先
相談窓口
第3火曜を除く、月〜金曜日10:00〜15:00
毎月第3火曜日と特別休日(12/28〜1/3)はお休みさせていただきます。 ナビダイヤル 0570-025-192 ナビダイヤルでご相談にお応えしています。

赤ちゃん相談室だよりインデックス

2017/08.
2016年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【4〜8か月児】
2017/07.
2016年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【0〜3か月児】
2017/06.
UV対策について

2017.082016年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【4〜8か月児】

赤ちゃん相談室では、毎年どのようなご相談が多く寄せられているか、月齢別に集計しています。先月にひき続き、2016年度に寄せられた主なご相談の月齢別集計より、今月は4〜8か月児のご相談TOP5の内容をご紹介します。

  • 1位・・・離乳食のリズム・進め方
  • 2位・・・離乳食を食べない
  • 3位・・・離乳食の目安量
  • 4位・・・授乳の目安量
  • 5位・・・授乳の間隔

離乳食に関する相談が圧倒的に多く寄せられました。5〜6か月頃から離乳食を始め、進めていくなかで出てくる悩みや心配事がトップ3を占めています。なかでも1位の「離乳食のリズム・進め方」はこの5年間変わっていません。4位、5位は授乳の相談が入り、授乳に関する相談も多く寄せられました。

【1位】“離乳食のリズム・進め方”では
「6か月から離乳食開始。初めは順調でしたが、2週間位経った頃から泣いて嫌がるようになりました。まだ2回食を始めなくてよいですか(7か月)」
「そろそろ2回食に進めたいと思っています。何時頃に食べさせたらよいですか(7か月)」

【2位】“離乳食を食べない”では
「2回食にしてから急に食べなくなりました。無理に与えようとすると泣いてしまいます。
 しばらくお休みした方がよいでしょうか(7か月)」
「食べながら遊んだり、嫌がったりして、食べ終わるまで時間がかかるようになってしまいました。このままの状態を続けてよいでしょうか(8か月)」

【3位】“離乳食の目安量”では
「離乳食を始めて2週間経ちます。本などには1回食の目安量が載っていないので、どのくらい食べていればよいかわかりません。今、食べている量でよいですか(6か月)」
「離乳食教室に行ったら、1食の量が食べさせている量よりずっと多めで驚いてしまいました。具体的なグラム数はわからなかったので、今、どのくらい食べていればよいか教えてください(7か月)」

【4位】“授乳の目安量”では
「今までは母乳中心で、ミルクは時々足す程度でした。来月私が外出するため、その間はミルクを飲ませる予定です。ミルクだけの場合はどのくらい飲ませたらよいですか(8か月)」
「最近離乳食をよく食べるようになって、ミルクの量が減ってきました。今のミルクの量で大丈夫ですか(8か月)」

【5位】“授乳の間隔”では
「今までは赤ちゃんが欲しがる時に母乳を飲ませてきましたが、離乳食のタイミングと合わない時が出てきました。どのくらいの間隔で授乳していけばよいですか(7か月)」
「授乳の間隔があまり開かず、母乳を2〜3時間間隔で欲しがります。泣かれると大変なので授乳していますが、これからはどうしたらよいでしょうか(7か月)」

子育て中の心配事は、どなたにご相談なさいますか?最近は、わからないことはインターネットで調べることができます。しかし、赤ちゃんのご様子は様々なので、ご自身のお子様に合った答えがなかなか見つからないというご経験も多いのではないでしょうか。
体調や発育に関しては、病院の先生にご相談になるのが一番です。近くにかかりつけの先生がいらっしゃると安心ですね。また授乳や離乳食の進め方に関しては、私ども赤ちゃん相談室をご利用いただけると嬉しく思います。相談員一同、お電話をお待ちしております。
来月は9か月〜12か月の赤ちゃんのご相談TOP5をご紹介します。

赤ちゃん相談室:0570-025-192

2017.072016年度 赤ちゃん相談室に寄せられたご相談 月齢別TOP5 【0〜3か月児】

赤ちゃん相談室は、昨年10月で開設から40周年を迎えました。この40年間に相談件数は48万件を超え、本当にたくさんのお母様にご利用いただきました。相談員一同心よりお礼申し上げます。

最近では、かつてご相談をお受けした赤ちゃんがお母様となって、母子2代にわたってご利用いただくこともあり歳月の流れを感じますが、初めて育児をするお母様方の戸惑いや不安は変わることはありません。これからもお母様のお話を丁寧にお聴きし、一緒に考えながら、子育てに奮闘するお母様方のお役に立てる存在でありたいと考えております。明治赤ちゃん相談室をこれからもよろしくお願いいたします。

赤ちゃん相談室では、毎年どのようなご相談が多く寄せられているか、月齢別に集計しています。2016年度に寄せられた主なご相談の月齢別集計がまとまりましたので、その中から今月は0〜3か月の赤ちゃんのご相談年間TOP5の内容をご紹介します。

  • 1位・・・授乳の目安量
  • 2位・・・授乳の間隔
  • 3位・・・調乳方法
  • 4位・・・授乳を嫌がる
  • 5位・・・飲みが少ない

2012年度からTOP5にランキング入りしていた「便秘」や「体の心配」が外れ、2016年度はすべて授乳に関する相談で占められました。この月齢では、お母様の不安や心配事が圧倒的に授乳に集中していることがうかがえます。また、2012年度にはTOP10に入っていなかった調乳方法が2013年度から4年連続でランキング入りしています。

【1位】“授乳の目安量”では
「母乳とミルクの混合栄養で育てていますが、吐き戻すのはミルクの量が多いからですか?ミルクはどれくらい足したらよいでしょうか(0か月)」
「ミルク缶の表示どおり飲ませても寝ません。表示されている調乳量より多く飲ませてもよいですか(1か月)」

【2位】“授乳の間隔”では
「母乳は泣いて欲しがったら飲ませてよいと聞きますが、ミルクは3時間空けないといけないのですか?あやしても泣き止まない時は3時間空いていなくても飲ませてよいですか(1か月)」
「泣いて欲しがることがないので時間をみて起こして授乳していますが、泣くまで待ったほうがよいですか(2か月)」

【3位】“調乳方法”では
「調乳するお湯はウォーターサーバーのお湯を直接使用してもよいですか(1か月)」
「一度沸かした70度以上のお湯で調乳すると、赤ちゃんに飲ませる温度まで冷ます温度調節が難しいです。あらかじめ飲みやすい温度にしたお湯で調乳してもよいですか(0か月)」

【4位】“授乳を嫌がる”では
「遊び飲みが始まり、飲んでいる途中で飲むのを嫌がるようになりました。無理強いしないほうがよいと聞きますが、飲まないと栄養が摂れないのではと心配です。どうしたらよいでしょうか(3か月)」
「急に母乳を嫌がって飲まなくなりました。母乳はよく出ていますが何故ですか。母乳で育てたいのですが、どうすればよいでしょうか(3か月)」

【5位】“飲みが少ない”では
「2〜3日前から急にミルクを飲み残すようになりました。赤ちゃんの機嫌はよく元気もありますが大丈夫でしょうか(3か月)」
「母乳で育てていますが、最近、片方5分くらいしか吸わなくなりました。短い時は1〜2分で離してしまうこともあります。体重もあまり増えていません。どうしたらよいでしょうか(2か月)」

最近の相談でよく耳にするのが「ネットを見て心配になった」というお母様のお言葉です。インターネットで簡単に知りたい情報を調べることができる反面、様々な育児情報が氾濫しているためにかえってお母様の不安をあおり、混乱を招いてしまうケースも見受けられます。困ったとき、悩んだときはひとりで抱え込まずに、明治赤ちゃん相談室へお電話ください。相談員一同お待ちしております。

来月は4〜8か月の赤ちゃんのご相談TOP5をご紹介いたします。

赤ちゃん相談室:0570-025-192

2017.06UV対策について

木々の緑がより美しく輝く季節になりました。お天気がよい日のお散歩は気持ちがよい反面、日差しが強くなるこれからの季節、紫外線による日焼けが心配になりますね。

赤ちゃん相談室にも
「赤ちゃんを連れて海へ出かけてよいですか?」
「お出かけをして日焼けをしてしまいました。赤ちゃんにも日焼け止めが必要ですか?」
など、外出の際の日焼けについてご相談をいただきます。

赤ちゃんの皮膚は薄く、紫外線の影響を受けやすいため、強い日光を長時間浴びることは禁物といわれています。外出する時は紫外線対策を心がけましょう。

○お散歩をする時間帯は、日差しの強い9〜15時頃(地域や季節によっても変わってきます。10〜14時頃が強い地域も多いのでお住まいの日差しを観察してみてください)を避けて、朝夕の涼しい時間帯に出かけるようにしましょう。

○強い日差しが直接赤ちゃんに当たらないように、帽子をかぶせたり、薄い長そでを着せて肌を覆ったり、ベビーカーには日よけを装着すると安心です。また、車で出かける時は、窓に紫外線をカットする日よけを付けるのもよいでしょう。

○顔や手足など肌が露出している部分には日焼け止めを塗るとよいでしょう。日焼け止めは刺激の少ない赤ちゃん用を選びましょう。

○直射日光を避けて、日陰を選んで歩きましょう。

紫外線はビタミンDを作る働きがあります。人は食事と日光の紫外線から必要なビタミンDを得ていますので、食事に気をつける・適度な日差しを浴びるなどは、くる病の予防に効果的といわれます。むやみに不安がらずに紫外線対策をしっかり行って、上手にお日様と付き合いながらお出かけを楽しみましょう。

また、この時期のお出かけは虫よけ対策も気になりますね。赤ちゃんは虫に刺されると大人以上に腫れてしまい、とびひなどの原因になることもあります。充分注意しましょう。
虫よけには、様々なものが市販されています。使用月齢をしっかり確認して選び、どのタイプもお子様が直接舐めたり吸い込まないように気をつけてあげてください。

夏の到来が待ち遠しいですね。赤ちゃんが栄養をしっかり摂って、元気にすごされますよう、相談員一同応援しています。明治赤ちゃん相談室へお気軽にお電話ください。

赤ちゃん相談室:0570-025-192