商品や成分について

  • Q.「アミノコラーゲン」のコラーゲンの原料は何ですか?

    A.低分子化フィッシュコラーゲンを100%※1使用しています。

    ※1 コラーゲンの原料として

  • Q.何故、アミノコラーゲンパウダータイプは、低分子化コラーゲン5000mなのですか?

    A.コラーゲンの蘇生に使われるのは、1日に推奨されるたんぱく質(約60)の約1/3(20)。
    さらに、コラーゲンは他のたんぱく質に比べ、約4倍以上長く体内に留める性質があるため、20の1/4、つまり5(5000m)が一日の目安量となります。
    [監修:薬学博士 高橋周七]

  • Q.アミノコラーゲンの「アミノ」ってなんですか?

    A.元気な素顔に欠かせない成分「アミノ酸(アルギニン)」のこと。1日の目安量(7)の中にアルギニンが450m含まれています。

  • Q.商品にアレルギー物質は含まれていますか?

    A.[アミノコラーゲン(缶タイプ/詰め替え用)]
    使用するアレルギー物質(27品目中):オレンジ・大豆・ゼラチン
    [アミノコラーゲンプレミアム(缶タイプ/詰め替え用)]
    使用するアレルギー物質(27品目中):オレンジ・大豆・ゼラチン
    [アミノコラーゲンプレミアム ドリンク]
    使用するアレルギー物質(27品目中):乳成分・さけ・大豆・ゼラチン
    [アミノコラーゲンボーテ潤蜜ドリンク]
    使用するアレルギー物質(27品目中):オレンジ・大豆・ゼラチン

  • Q.アミノコラーゲンはどこで購入できますか?

    A.お近くの薬局・薬店・ドラッグストアおよび一部のスーパー・コンビニエンスストアでお求めください。

飲み方について

  • Q.「アミノコラーゲン」(パウダータイプ)って、どうやって飲めばいいの?

    A.溶けやすいパウダーだから、いろんなものに混ぜられます。ヨーグルト、コーヒー、牛乳、スープなど、温かいものはもちろん、冷たいものでもOKです。

  • Q.「アミノコラーゲン」(パウダータイプ)を飲み物に混ぜた場合、
    コラーゲンの味やにおいが気になることはありませんか?

    A.特許製造方法 (特許番号:特許第5877695号) により、何でも混ぜられる風味になっております。
    原料や製法などの改良を重ね品質をアップし、製造時にコラーゲンの気になるにおい成分を低減しています。

  • Q.「アミノコラーゲン」(パウダータイプ)は飲み物や食べ物に混ぜてから加熱しても大丈夫ですか?

    A.加熱しても冷やしても、成分などへの影響はありません。

  • Q.一日の中で、いつ飲むのが良いですか?

    A.「アミノコラーゲン」は食品ですので、お薬のように決められた時間は特にありません。
    ライフスタイルに合わせて、習慣として続けやすい時間帯にご自由にお飲みください。

コラーゲンついて[監修:薬学博士 高橋周七]

  • Q.そもそもコラーゲンって何ですか?

    A.コラーゲンは皮膚をはじめとして髪・爪・骨・軟骨等を構成するたんぱく質のひとつ。人の体内に存在しているコラーゲンの量は、全タンパク質の約30%を占めていることから、人を作るベース成分ともいわれています。

  • Q.コラーゲン補給って、20代の私にも必要ですか?

    A.コラーゲンは20歳を過ぎる頃から急激に減少すると言われています。
    さらに紫外線やストレスもコラーゲン不足を加速させる要因に。
    早めにスタートすることをオススメします。

  • Q.加齢以外にコラーゲンが減少する要因は?

    A.脳は過剰なストレスを感じると、体内のコラーゲンを分解してエネルギーに代えるよう命令を出してしまいます。そのため、紫外線や寝不足、働きすぎや悩みなど、さまざまなストレス(外的ストレス・内的ストレス)は、コラーゲン減少の引き金となるのです。

  • Q.魚由来と豚由来のコラーゲン。どちらの吸収性が高いのですか?

    A.コラーゲンは原料によってカラダへの吸収量が違ってきます。
    魚由来のフィッシュコラーゲンは豚由来に比べて、約1.5倍も吸収量が高いことが明らかになっています。

  • Q.低分子化コラーゲンと通常コラーゲンの違いって?

    A.通常のコラーゲンは繊維状で存在するため、水に溶けにくく体内へ吸収されにくい成分です。約30万の分子量があるコラーゲンに対して、数千前後まで分子量を低くしたのが低分子化コラーゲン。水に溶けやすく冷やしても固まらないので、パウダー化したり、ドリンクに配合することが可能になります。

  • Q.コラーゲンって多く( 量を)摂った方がいいのですか?

    A.コラーゲンがカラダに良いからといって過剰に摂取すると、最終的に体内で変換されて皮下脂肪になる可能性もあります。そのため、コラーゲン選びでは、量よりも低分子化フィッシュコラーゲン・美容に良い成分との配合で選ぶのがポイントとなります。

  • Q.普段の食事でもコラーゲン補給ってできるのですか?

    A.牛乳、卵、野菜、大豆などの日常的な食材には、コラーゲンが含まれていません。コラーゲンたっぷりの食材といえば、フカヒレ、鶏の手羽先、魚の皮などがありますが、フカヒレスープを毎日飲むのは大変です。手軽に毎日摂るためには、コラーゲン美容食品を上手に活用しましょう。

  • Q.コラーゲンと一緒に摂った方が良い栄養素って?

    A.ビタミンCは体内でのコラーゲン生成を促進し、コラーゲンの吸収を高めるサポートをしてくれます。