明治の研究開発

明治の研究開発 > 研究開発の歩み

研究開発の歩み

私たちは、創業以来、お客さまの「安全・安心」「おいしさ・楽しさ」「健康・栄養」を第一に、研究開発に励んでまいりました。
私たちの研究開発の歩みをご紹介します。

  • 1906年~
  • 1950年~
  • 2000年~
1906 明治39年 旧・明治製糖(当社の起源)設立
1916 大正5年 明治製菓の前身、東京菓子創立
1917 大正6年 明治乳業の前身、極東煉乳設立 東京菓子、大正製菓(親会社:明治製糖)を合併
1923 大正12年 乳児用ミルク「パトローゲン」発売 1923年 パトローゲン
1924 大正13年 東京菓子、商号を明治製菓株式会社と変更
1926 大正15年 「ミルクチョコレート」発売 1926年 ミルクチョコレート
1940 昭和15年 極東煉乳、商号を明治乳業株式会社と変更
1946 昭和21年 明治乳業研究所、明治製菓研究所が明治製糖研究所から独立発足
1962 昭和37年 「アーモンドチョコレート」発売
1963 昭和38年 明治乳業、研究所を久米川に新築移転(東京都東村山市)
1971 昭和46年 「明治プレーンヨーグルト」発売 1971年 明治プレーンヨーグルト
1973 昭和48年 「明治ブルガリアヨーグルト」発売 1973年 明治ブルガリアヨーグルト
1979 昭和54年 明治製菓、食料開発研究所設立(神奈川県川崎市)
1984 昭和59年 明治乳業、中央研究所に改称 明治乳業、ヘルスサイエンス研究所設立(神奈川県小田原市) 1984年 ヘルスサイエンス研究所(神奈川県小田原市)
1989 平成元年 明治製菓、食料開発研究所移転(埼玉県坂戸市)
1990 平成2年 明治乳業、細胞工学センター設立(神奈川県小田原)
1994 平成6年 明治乳業、栄養科学研究所設立(東京都東村山市) 明治乳業、研究企画室設置(東京都中央区京橋)
1998 平成10年 「チョコレート効果」発売 1998年 チョコレート効果
2000 平成12年 明治乳業、研究本部 食品開発研究所、食品機能研究所、栄養科学研究所の3研究所と 研究企画部に組織改変(久米川、小田原) 明治おいしい牛乳のナチュラルテイスト製法特許取得
2002 平成14年 「明治おいしい牛乳」全国発売 2002年 明治おいしい牛乳
2003 平成15年 明治乳業、3研究所および研究企画部を拠点統合(神奈川県小田原市)
2004 平成16年 明治乳業、研究本部 食品開発研究所、食機能科学研究所、技術開発研究所の3研究所と研究企画部に再編
2005 平成17年 明治ブルガリアヨーグルトの「脱酸素低温発酵法(まろやか丹念発酵)」特許取得
2007 平成19年 粉ミルク「明治ほほえみらくらくキューブ」発売 2007年 明治ほほえみらくらくキューブ
2008 平成20年 明治フレッシュクリームあじわいの「あじわいこだわり製法」特許取得 「明治ほほえみらくらくキューブ」のキューブ成形技術の特許取得
2009 平成21年 共同持株会社「明治ホールディングス株式会社」を設立し、明治製菓・明治乳業が経営統合
2010 平成22年 「アグロフォレストリーチョコレート」発売 2010年 アグロフォレストリーチョコレート
2011 平成23年 明治グループ内事業再編により、食品事業会社「株式会社 明治」発足 食料開発研究所を菓子開発研究所に改称
2012 平成24年 研究本部統合、菓子開発研究所移転(埼玉県鶴ヶ島市) 2012年 菓子開発研究所(埼玉県鶴ヶ島市)
2013 平成25年 品質関連組織を統合し、品質科学研究所を新設
2014 平成26年 「お茶から生まれたフッソガム」発売 2014年 お茶から生まれたフッソガム

関連コンテンツ