企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年4月〜12月まで
  • 明治製菓プレスリリース
  • 明治乳業プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 2020ビジョン
  • STEP UP 17
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

臨床試験でメカニズムを解明!
L.gasseri PA-3株を含むヨーグルトが
プリン体の吸収を低減し尿酸値の上昇を抑制


2017/02/16

兵庫医科大学 糖尿病・内分泌・代謝内科 森脇 優司 教授らと株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)の共同研究グループは、Lactobacillus gasseri PA-3株(以下 L.gasseri PA-3株)を含むヨーグルトが、腸管からのプリン体の吸収を低減し、血液中における尿酸値の上昇を抑制するメカニズムを、ヒト試験において明らかにしました。この研究成果を、2017年2月16日〜17日に開催される第50回日本痛風・核酸代謝学会にて発表します。

【内容】

■演題名
Lactobacillus gasseri PA-3乳酸菌株を含有するヨーグルトの摂取による食物由来プリン体の吸収抑制

■概要

20歳以上の健常成人男性23名を被験者とし、ランダムに2グループに分けました。試験食品として、一つの群はL.gasseri PA-3 株を含むヨーグルトを、他方の群はL.gasseri PA-3 株非含有のヨーグルト(対照ヨーグルト)を、それぞれ試験日前の3日間摂取しました。試験当日は、試験食品とプリン体を同時に摂取し、経時的に血清尿酸値を測定しました。その後、試験食品の影響を排除するため2週間試験食品の摂取を中断した後、摂取する試験食品を入れ替え、同様の試験を実施しました(二重盲検クロスオーバー試験)。

試験の結果は図の通りで、両群ともプリン体の摂取後に尿酸値は上昇しましたが、L.gasseri PA-3 株を含むヨーグルトの摂取群は、対照ヨーグルトの摂取群と比較して尿酸値上昇の抑制が確認されました。特に、プリン体摂取後30分と60分では、統計学的にも有意な抑制が認められました。

プリン体は食品中に含まれる旨味成分などが胃腸内で分解されて発生し、腸管で吸収された後に肝臓で代謝され尿酸となり、主に尿中へ排出されます。過去に実施したヒト試験では、L.gasseri PA-3 株を含むヨーグルトを継続摂取することで尿酸値が改善されることを確認していましたが、経時的変化を記録した今回の試験から、L.gasseri PA-3 株を含むヨーグルトの摂取により、腸管からのプリン体の吸収を低減し、血清尿酸値の上昇が抑制されることを確認でき、L.gasseri PA-3 株を含むヨーグルトの尿酸値改善効果のメカニズムをヒト試験にて明らかにしました。

図 プリン体負荷後の血清尿酸値上昇抑制効果
図 プリン体負荷後の血清尿酸値上昇抑制効果

(※):p値が0.05未満の場合は統計的に有意と言えるので、優位性が認められます。