企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年4月〜12月まで
  • 明治製菓プレスリリース
  • 明治乳業プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 2020ビジョン
  • STEP UP 17
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

回転寿司チェーン「スシロー」とコラボ第2弾!
「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」新発売
2016年2月19日(金)より全国のスシローにて販売開始


2016/02/17

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、ロングセラーブランド「たけのこの里」にて、株式会社 あきんどスシローとのコラボレーションメニュー第2弾「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」を、2016年2月19日(金)より、スシロー全店舗にて期間限定で販売します。

今回のコラボレーションメニューは、昨年の秋に第1弾として販売し、ご好評いただいた「きのこの山のモンブランパフェ」に続いての第2弾です。

前回「きのこの山のモンブランパフェ」の発売時にいただいた、「たけのこの里」をこよなく愛する多くのお客さまからの熱いご要望を受けて、今回の新メニューが実現しました。

「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」には春を連想させるピンクの苺のアイスと、竹やぶの緑をイメージした抹茶アイスに「たけのこの里」をトッピングしました。春になり竹やぶの中に、沢山の竹の子が生えてきたような、とても可愛らしい見た目となっています。また、アイスの下には「たけのこの里」が一つ隠れていますので、パフェを食べながら竹の子堀りの感覚もお楽しみいただけます。
春らしさ満開の「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」を、ぜひお楽しみください。


「たけのこの里の苺まっちゃパフェ」商品概要

商品名
たけのこの里の苺まっちゃパフェ
発売日
2016年2月19日(金)〜
価格
240円(税別)
販売店
スシロー全店舗
たけのこの里の苺まっちゃパフェ
使用している「たけのこの里」


ご参考

■「たけのこの里」誕生秘話

1975年に誕生した「きのこの山」から4年、「たけのこの里」は誕生しました。「きのこの山」開発時からすでに構想のあった「たけのこの里」・・・。自然的な温かみのある商品名が検討され、山には「きのこ」、里には「たけのこ」といった具合でゴロよく、「たけのこの里」と決められました。「きのこの山」ではクラッカーを採用したのに対し、「たけのこの里」はやわらかい生地で作ろうと検討し、クッキー生地とすることになりました。当時のクッキーは、せんべいのように生地の形を整え焼いていましたが、「たけのこの里」のクッキーは、日本初の試みとなる“型に入れて焼き上げる”という手法を取り入れました。何度も何度も試作を重ね、量産ができるような生産設備も自社で構築し、ようやく「たけのこの里」が誕生したのです。

■あなたはきのこ派?たけのこ派?

あなたはきのこ派?たけのこ派?

「きのこの山」の兄弟分として誕生した「たけのこの里」ですが、「きのことたけのこ、どっち派か?」という 世論が巻き起こることにより、2001年に「きのこ・たけのこ総選挙」キャンペーンを実施することになります。結果はたけのこ派の勝利。その後2008年に「きのこの山」の助っ人となる“きの山さん”が登場し、その愛らしいキャラクターで「きのこの山」が巻き返しを図ります。

■2013年「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」発売

それからも「きのことたけのこ、どっち派か?」という話題は盛り上がり、それぞれ勝ち負けを繰り返しながら、両ブランドはともに成長し、2013年にはついに“大人”になりました。「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」は、今までの「きのこの山」「たけのこの里」とはひとあじ違う、ほろ苦いチョコレートと、プレッツェルやココアクッキーとの組み合わせでご好評をいただいています。

「きのこの山」「たけのこの里」「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」、それぞれ異なるおいしい味わいで、今後も多くのお客さまに愛され続けるよう展開してまいります。


2013年「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」発売