企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年4月〜12月まで
  • 明治製菓プレスリリース
  • 明治乳業プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 2020ビジョン
  • TAKE OFF14
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

【インフルエンザに関する「働くママ400人」の実態調査】
12月10日は、「ごめんねの日」!
夫がインフルエンザにかかった際に「夫と別居したい」
と考えたことがあるママがなんと約4割!?
また子供が風邪・インフルエンザになった時
子供とスキンシップを減らすことがあるという人が約34%も!


2015/12/10

明治カバくんうがいラボ(株式会社 明治 本社:東京都江東区)は、2015年11月13日(金) 〜2015年11月15日(日)に働く女性(既婚、子有)414名に対してインフルエンザに対する意識調査を実施しました。調査では、家庭内のインフルエンザ対策の実態と、家族が風邪・インフルエンザになったときのママの対応や心情を調査しました。調査結果では、夫がインフルエンザにかかったときに「夫と別居したい」と思っていた主婦が約4割に上ることが明らかになりました。また、子供がインフルエンザにかかったときも、子供とのスキンシップを減らすなど、意外にドライな行動をしていることも明らかに!?一方、自分がインフルエンザにかかると家族へ負担がかかると思っているママは約85%にも及んでいます。ママの一見ドライな心情や行動は、愛情や責任感の表れなのかもしれません。インフルエンザの流行に対するママたちの心理に迫る!!

【調査サマリー】

■インフルエンザに関する実態調査

○家庭のインフルエンザ対策
風邪・インフルエンザ対策として、帰宅後うがいも手洗いもしている子供は約39%
風邪・インフルエンザ対策として、うがい・手洗いを徹底している家庭は約39%
○ママとインフルエンザ
子供からインフルエンザをうつされたことがある人は約63%
子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、お箸(スプーンやフォーク)、コップの共有を避ける約74%
自分が風邪・インフルエンザにかかった場合、子供とのスキンシップを減らすことがある約79%
子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、子供とのスキンシップを減らすことがある約34%
自分が風邪・インフルエンザにかかった時に正直家族が冷たいと感じたことがある約32%
自分が風邪・インフルエンザにかかってしまうと、家族に負担がかかると思う約85%
○子供と夫が風邪・インフルエンザになった時のママの対応
子供が風邪・インフルエンザにかかると自分にもうつるのではないかと心配になる約81%
夫が風邪・インフルエンザにかかると自分にもうつるのではないかと心配になる約87%
子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、病人食など特別な食事を用意する約82%
夫が風邪・インフルエンザにかかった場合、病人食など特別な食事を用意する約72%
子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、病院に付き添う約96%
夫が風邪・インフルエンザにかかった場合、病院に付き添う約35%
○番外編
夫がインフルエンザにかかった際、夫と別居したいと考えたことがある約38%

■家庭のインフルエンザ対策

風邪・インフルエンザ対策として、帰宅後「手洗いしかしていない」子供は約41%で
帰宅後「うがいも手洗いもしている」子供は約39%とより少ない結果に

風邪・インフルエンザ対策として、うがい・手洗いを徹底している家庭は約39%

子供からインフルエンザをうつされたことがある人は約63%

■ママとインフルエンザ

自分が風邪・インフルエンザにかかった場合、子供とのスキンシップを減らすことがある約79%
子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、子供とのスキンシップを減らすことがある約34%

子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、お箸(スプーンやフォーク)、コップの共有を避ける約74%

自分が風邪・インフルエンザにかかった時に正直家族が冷たいと感じたことがある約32%

自分が風邪・インフルエンザにかかってしまうと、家族に負担がかかると思う約88%

■子供と夫が風邪・インフルエンザになった時のママの対応

子供が風邪・インフルエンザにかかると自分にもうつるのではないかと心配になる約81%
夫が風邪・インフルエンザにかかると自分にもうつるのではないかと心配になる約87%

子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、病人食など特別な食事を用意する約82%
夫が風邪・インフルエンザにかかった場合、病人食など特別な食事を用意する約72%

子供が風邪・インフルエンザにかかった場合、病院に付き添う約96%
夫が風邪・インフルエンザにかかった場合、病院に付き添う約35%

【番外編】夫がインフルエンザにかかった際、夫と別居したいと考えたことがある約38%

■総評

全国20〜40代の働くママに聞いたインフルエンザに関する調査によると、風邪・インフルエンザの対策として家族に「うがいと手洗い両方をして欲しい」と思っているママは約73%いるのに対して、家庭内で「うがい・手洗い両方を徹底している」家庭は約39%と少ない結果となりました。さらに、子供が風邪・インフルエンザになった時、「子供とのスキンシップを減らす」と答えたママが約34%と多く、ママが風邪になると子供があまりかまってもらえないことが分かりました。また、子供と夫が風邪・インフルエンザになった時、ママの対応にはあまり大きな差はないのですが、夫がインフルエンザにかかった際、「夫と別居したい」と考えたことがあるママが約38%もいることが分かりました。一方、「自分がインフルエンザにかかると家族への負担がかかる」と思っているママは約85%に及んでおり、ママの一見ドライな行動は、愛情や責任感の表れなのかもしれません。インフルエンザの流行に対するママたちの心理に迫る調査結果です。

【調査概要】

1. 調査主体 :明治カバくんうがいラボ
2. 調査の方法 :インターネット調査(マクロミルモニタを利用)
3. 調査の対象 :全国20〜40代 女性 会社員 既婚 子供有り
4. 有効回答数 :414人
5. 調査実施日 :2015年11月13日(金) 〜 2015年11月15日(日)

「明治カバくんうがいラボ」とは

風邪・予防対策としての「うがい習慣」を、30年以上にわたり普及・啓発してきた明治が、「うがい」をテーマとした話題を様々な視点から掘り下げていく場として「明治カバくんうがいラボ」を設立。このラボから生活者の皆さまに向けて「うがい」や「風邪・インフルエンザ」にまつわる、トリビアや生活お役立ち情報など、面白くてためになる話題を情報発信していきます。

http://meiji-ugailab.jp