企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年4月〜12月まで
  • 明治製菓プレスリリース
  • 明治乳業プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 2020ビジョン
  • TAKE OFF14
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

これが、カカオのおいしさです。
「明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ」
「明治 ザ・チョコレート 香るカカオ」新発売

2014/09/17

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、厳選したカカオ豆を使用しその加工に至る様々な工程でこだわり抜いて作ったチョコレート「明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ」「明治 ザ・チョコレート 香るカカオ」の2品を、2014年9月24日から全国で発売します。

  • 特長@“チョコレートの明治”がこだわり抜いたカカオ本来の香りと味わい
  • 特長Aカカオ豆の選定から発酵、ローストなど細部までこだわり抜いた次世代トレンドの
    “Bean to Bar”チョコレート
    (※下記参照)

「こく苦カカオ」は、ナッツのような香ばしさを持つベネズエラ産のカカオ豆を中心に使用し、独自の高温深煎りローストにより心地よい苦みとこく深いあじわいを楽しむことができます。また「香るカカオ」はアグロフォレストリー農法(※)で栽培した独特の酸味を持つブラジル トメアスー産のカカオ豆を使用し、独自の低温浅煎りローストにより華やかな香りとフルーティーな味わいに仕上げました。

ぜいたくな味わいを体験できる本商品の発売を通じ、新規需要の開拓とチョコレート市場のさらなる拡大を図ってまいります。

※アグロフォレストリーとは:農業(agriculture)と林業(forestry)を組み合わせた言葉で、その農法は「森をつくる農業」と呼ばれています。同じ土地で多様な樹木や農作物を同時に育てることにより土壌が常に緑で覆われ、従来の単一栽培ではできなかった持続的な生産が可能となります。生物多様性の保持やCO2削減効果が期待されています。


商品概要

  • “チョコレートの明治”が自信を持ってオススメする、大人のための上質なチョコレートです。
  • カカオ本来の味わいと香ばしいロースト感をぜいたくに楽しめます。
  • 食後の気分転換やリラックスタイムにぴったりです。
商品名
明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ
栄養成分(1箱[52g]当たり)
エネルギー 299kcal、たんぱく質 3.3g、脂質 20.4g、糖質 23.7g、食物繊維 3.7g、ナトリウム 0mg
明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ


商品名
明治 ザ・チョコレート 香るカカオ
栄養成分(1箱[52g]当たり)
エネルギー 298kcal、たんぱく質 3.5g、脂質 20.0g、糖質 24.2g、食物繊維 3.4g、ナトリウム 0mg
明治 ザ・チョコレート 香るカカオ


価格
参考小売価格:220円(税別)
内容量
52g(7本)
発売日・発売地区
2014年9月24日 全国
ターゲット
チョコレートを嗜好品として愉しんでいただける“大人”の方を中心に幅広く

ご参考

■Bean to Barについて

  明治では良質なカカオが育つ土地を世界の産地より厳選、そのカカオ豆(Bean)固有の風味を最大限にひき出すため豆の種類によって発酵の方法、ローストの温度や時間を微細に調整するなどチョコレート(Bar)を完成するまでの様々な工程でこだわり抜いて作っています。
  現在カカオ豆からチョコレートに仕上げるまでの工程を一貫して行う、そんなこだわりを持った専門店が市場に次々と参入し大きなトレンドになっています。


■「明治ザ・チョコレート」の「3つ」のこだわり

1.産地・原材料のこだわり
産地の選定や発酵方法の指定など、明治独自のこだわりをもって品質評価をしています。
1.産地・原材料のこだわり

2.発酵のこだわり
カカオ豆ごとに異なる「風味」。それを最大限にひきだすのに適した発酵日数と方法を指定しています。
2.発酵のこだわり

3.ローストのこだわり
ローストの温度域をカカオ豆ごとに調整することで、カカオ豆本来の香りと味わいをより引き立たせています。
3.ローストのこだわり