企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年4月〜12月まで
  • 明治製菓プレスリリース
  • 明治乳業プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 2020ビジョン
  • TAKE OFF14
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

L.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)のストレス軽減
および免疫腑活効果を動物試験および臨床試験で確認
〜「日本農芸化学会2013年度大会で発表」〜

2013/03/25

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、当社の保有するL.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)が、ストレスを軽減すること、また免疫の低下を抑えることを、動物試験および臨床試験で明らかにし、2013年3月25日の「日本農芸化学会2013年度大会」で発表しました。


ストレスや激しい運動、不規則な生活は免疫を低下させ、インフルエンザや風邪などの感染症のリスクを高めます。

今回は、免疫の低下を反映する2つのモデル、すなわち、ストレスをかけた動物試験と、激しい運動を行った臨床試験を実施し、L.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)の免疫活性に及ぼす影響について検討しました。


研究1 ストレスによる免疫低下に及ぼす影響

ラットに水またはL.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)を14日間与えました。最後の5日間、ケージの底面から1.5cmの高さまで水を張り、ラットに浸水ストレスをかけました。

その結果、水を与えたラットでは、浸水ストレスによりストレスホルモンである血中コルチコステロンが増加し、免疫機能の一つである脾臓のNK活性※1が有意に低下しました。一方、L.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)を与えたラットでは、血中コルチコステロンの増加はゆるやかになり、脾臓のNK活性の低下が抑えられました。

研究2 激しい運動による免疫低下に及ぼす影響

日常的に運動を行っている大学生を対象に、無作為化プラセボ対照二重盲検試験※2を行いました。各被験者には乳酸菌を含まない偽薬(プラセボ)または100mgのL.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)を含有する錠剤を4週間摂取しました。4週間の摂取前後で、それぞれ1時間のエルゴメーター※3による激しい運動を行いました。

その結果、摂取前の検査では、プラセボ群・乳酸菌群ともに激しい運動により血中のNK活性が低下しましたが、摂取後の検査ではプラセボ群のみ運動によりNK活性が有意に低下し、乳酸菌群では運動後のNK活性の低下が見られませんでした(図1)。

L.ガセリ乳酸菌(OLL2809株 )が運動後のNK活性に及ぼす影響(摂取4週間後)

これらの結果により、L.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)が、ストレスを軽減すること、および免疫の低下を抑えることが明らかになりました。

*1:NK活性
  リンパ球に含まれる免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きの強さを表す、生体の免疫力の指標の一つです。NK細胞は他の免疫細胞の中でも重要な働きをしており、ウイルスに感染した細胞など、異常のある細胞を攻撃して破壊するのが特徴です。
*2:無作為化プラセボ対照二重盲検試験
  プラセボ効果(思い込み効果)を除くために、被験者にも測定者にも、どちらがプラセボか乳酸菌入り錠剤であるかわからないようにして、試験を進める方法です。また、被験者がどちらの錠剤を摂取するかは無作為(ランダム)に割り当てました。
*3:エルゴメーター
  スポーツを実際に行っているのと似た条件の負荷をかけて、運動者の体力測定やトレーニングを行う器具。本試験では、自転車のペダル踏み運動器を使用しました。


ご参考

L.ガセリ乳酸菌(OLL2809株)は、当社のこれまでの研究で、アレルギー症状を軽減することを動物試験および臨床試験ですでに明らかにしております。

【文献】 アレルギーの臨床,28: 73-77, 2008
  アレルギーの臨床,30: 53-58, 2010