チーズがけ パッケージ

1988年(昭和63年)

チーズがけ

袋の素材をアルミに変更しました。今まで袋の中味が見えていたカールを印刷でおいしそうに表現するのは思った以上に大変な技術でした。この袋の改良によってデザインの幅が広がったため、カールおじさんが色々なポーズをとるなど子供たちにとって楽しいパッケージが可能になりました。