くるりんカール

ぷっくり、くるリンとしたカール独特の形。実はカールを作るにあたり一番苦労したのはこの形。紐やきしめんのようで、なかなかぷっくりかわいくふくらまないカールの改良に試行錯誤。

危険覚悟で100度を越す熱い生地が出ているところを改造したところ、厚み・形状を整えながら、目にもとまらぬ早さで次から次へ出てくるぷっくりカールが生まれました!