2019年度 赤ちゃん相談室に寄せられた相談内容 月齢別TOP5【5~8か月児】

ご機嫌な赤ちゃんと笑顔のお母様

今月も、先月に引き続き、2019年度赤ちゃん相談室に寄せられたご相談内容について、5~8か月の赤ちゃんの相談内容TOP5と、その内容の一部をご紹介します。

2019年度から、0~4か月(授乳期)、5~8か月(離乳初期・中期)、9~11か月(離乳後期)、1~3歳(離乳完了期・幼児期)別に集計しています。

  1. 1位
    離乳食リズム・進め方
  2. 2位
    食べない
  3. 3位
    離乳食の目安量
  4. 4位
    授乳の目安量
  5. 5位
    食後の授乳

順位の違いはありますが、TOP5内の相談内容に2017年度から変動はありません。特に1位、2位の離乳食リズム・進め方、食べないに関しては、月齢を分けない全体のランキングでも必ずTOP5に入ってきます。お子様の離乳食の進み具合、食べ具合は個人差が大きく、多くのお母様が気になっている様子が伺えます。

【1位】“離乳食リズム・進め方”では、
「まだもぐもぐしませんが、2回食にしてもよいですか。(7か月)」
「本に書かれている離乳食のスケジュール通りにいきません。どうしたらよいですか。(6か月)」

【2位】“食べない”では
「順調に食べてくれていたのに、食べなくなってしまいました。どうしたらまた食べてくれるようになりますか。(7か月)」
「目安量まで食べてくれません。どうすればよいですか。(8か月)」

【3位】“離乳食の目安量”では、
「2回食に進めましたが、今の量でよいかわかりません。目安量を教えてください。(6か月)」
「離乳食を2回にしてから夜泣くようになり、食事量が少ないのかと思いました。どれくらい食べさせたらよいですか。(7か月)」

【4位】“授乳の目安量”では、
「ほとんど母乳で、ミルクは寝る前に飲ませています。ミルクを増やしたら7時間寝てしまいました。どれくらい飲ませたらよいですか。(5か月)」
「もともとミルク量は少なかったのですが、離乳食が進みさらに飲まなくなりました。この時期どれくらい飲んでいればよいですか。(8か月)」

【5位】“食後の授乳”では
「食前にミルクを飲ませたら落ち着いて離乳食を食べてくれました。食後ではなく離乳食の前にミルクを飲ませてもよいですか。(6か月)」
「2回食になったら急に食後のミルク量が減ってしまいましたが大丈夫ですか。(7か月)」

昨年に比べ、離乳食初期や中期のご相談が増加しています。インターネットの豊富な情報が、かえってお母様の不安の種になることもあるようです。離乳食の進むスピードも食べる量も個人差があり、お子様のご様子によって変わってきます。まずはお子様の発育状況を確認しましょう。

そのうえで気になることがありましたら、決してお一人で悩むことなく、赤ちゃん相談室にお気軽にお電話ください。お子様のご様子、お母様のご意向を伺いながらご一緒に考えさせていただきます。相談員一同お母様からのお電話をお待ちしています。
来月は9~11か月の赤ちゃんの相談内容TOP5をご紹介します。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの栄養に関するご相談)

2020年4月1日からナビダイヤルからフリーダイヤルにてご相談をお受けしています。

フリーダイヤル

0120-035-553

  • お電話のみの受付としています。

  • 受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)

赤ちゃん相談室だより 一覧へ