MY SAVAS

美容師 美を提供する仕事だからこそのこだわり 大西 直人 Naoto Onishi

INTERVIEWインタビュー

普段どのタイミングでどのようにしてプロテインを飲んでいますか?

まず、朝起きた時に飲んで、トレーニングの後にも飲んでいます。バニラ味を飲んでいて、水でシェイカー半分ぐらいの量を飲んでいます。

いつ頃からプロテインを摂取するようになりましたか?

本格的に飲み始めたのは3年前です。30歳になった時に(感じた衰えが)このままだとダメだなって思い鍛え始めた時に、より効率的にカラダづくりをしていくためにプロテインを飲み始めました。30歳になったというのが大きなきっかけです。

30歳以前はプロテインを飲んでいましたか?

その日の気分で飲んだりしていました。
30歳をきっかけにちゃんと摂取するようになりました。

ザバスを選んだポイントは?

溶けやすいのが一番です。溶けにくいと時間がかかるしイライラするので、溶けやすいのはすごくいいです。
また、薬局やコンビニに売っていて、すぐ買えるというのも利便性が高いです。働いている時にお客様がたくさんいらっしゃるとご飯を食べるタイミングがないので、食事をすぐ済ませないといけない時や、トレーニング後にも飲んだりして、たくさんプロテインを消費してしまうので、すぐ買えるのはすごくポイントが高いです。
手に持ったものしか信じていなくて、ネットでしか買うことができない商品もありますが、値段が安かったり、本当に品質がいいのか分からないのでとても不安です。ザバスは商品の裏面を見てもこれだったら安心だなと一目見ただけで分かるし、安心感はものすごくあります。だからそういう意味ではとても飲みやすいです。

多忙の中でも運動はどのぐらいの頻度で行っていますか?

休日はもちろん、また基本2、3日に1回サーフィンします。一応オフ日を作っていますが、必ず1日1回は朝起きた時に腕立てや懸垂をしたり、少しウォーキングやランニングをしたりします。
基本立ち仕事なので、働いているだけでもちょっとした運動になっています。
1日大体2万歩ほど歩いています。

生活スタイルはどのようなものですか?

自分の生きるテーマが「今すぐ走り出せる」というもので、僕の生活の中で動くということはものすごくキーポイントです。カラダがすぐに動きたいと思ったタイミングで動かせないと、仕事もライフスタイルも成り立たないので、すぐに走り出せるようなカラダのコンディションを作っておくというのが、僕の生活のポイントです。その為にプロテインが必要なんです。

プロテインを摂取する理由は?

生きるということです。
生きるために必要だから僕は飲みます。

美容師として大切にしていることは?

僕は美容師を始めて16年経つのですが、何万人とかの髪の毛を切っています。その中でもっと美しくしてあげたいとか、もっとかっこよくしてあげたいって常に考えて生きています。ある時に、ただ髪の毛を切っているだけではダメな時期がきて、なぜだろうと考えて出た結果の1つがカラダづくりでした。トレーニングすると、まず笑顔が変わってくるんです。なぜかと言うと、その人のライフスタイルが変わってくるからです。朝起きてトレーニングしてスッキリして、人に会って格好よくなったねって言われて、元気になってそういうことに気づき始めた時に、“じゃあまず僕がトレーニングをしてカラダを鍛えるということをみんなに伝えたい”と思いました。そしたらみんなはもっと可愛くなるし、もっと格好よくなれるから、まずは僕がやってみようってところが美容師の僕の中のとても大切な部分です。

お客様を美しくさせるために自分自身が常に美しくいるというのが大切な部分なのですね。

鏡を見て、常に自分を見て仕事するので、その自分自身が納得のいく自分じゃないとどうしても手に出てしまって、雑になってしまうんです。だから、自分に厳しくすればするほど手がどんどん繊細になっていくし、いい髪を切れるようになっていくんです。僕はそれをずっと信じながら仕事をしています。

ザバス ホエイプロテイン100
バニラ味

理想の筋肉のために。
独自製法で溶けやすさを追求。
おいしく飲みやすいプロテイン。

詳細はこちら