主なカテゴリ

サポートアスリート

二宮清純の「ザバス取材記」

未来のスターになるための食事学 〜巨人新人選手栄養セミナー〜

多くのアスリートにとって、春はスタートの季節だ。今年もたくさんの選手が、さらなる飛躍を誓っている。それは新しくプロの門をくぐった野球選手も例外ではない。今季、2年連続の日本一を目指す読売巨人軍にも7名の新人選手が入団した。巨人では、ルーキーたちが一社会人として成長し、長く活躍できる選手になるべく、さまざまな新人研修を実施している。その中からザバス スポーツニュートリション&ラボ管理栄養士の大前恵さんが講師を務めた栄養学セミナーの模様を取材した。

食事や栄養は成功の条件

「皆さんは甲子園に出られる選手でも、この席には座ることができないくらい、大変な世界に来ています。そんな皆さんの素晴らしい力を、いかに最大限発揮するか。今回の話を元に、それらを自分なりに考えながら、ぜひ活躍してほしいと思っています」

約1時間に渡ったジャイアンツ寮でのセミナーは、大前さんのこんな挨拶からスタートした。プロ野球の世界には、毎年、12球団で80名前後の新人たちがやってくる。どの選手も入団前は高い能力を見込まれたエリート中のエリートだ。しかし、実際に大観衆のスタジアムで、ファンの大歓声を浴びる選手は、わずか一握りである。恵まれた才能があっても、ケガが多かったり、コンディションに波があれば、安定した成績は残せない。体づくりの元となる食事や栄養面に気を配ることもプロで成功するための大事な条件なのだ。

大前さんが巨人の新人たちにセミナーを実施し始めたのは、10年ほど前から。当時、在籍していた上原浩治選手や高橋尚成選手のサポートをしていた縁で、球団を通じて依頼を受けた。「最初は栄養の話をしても、反応は薄かったですね。練習場や寮を訪れると、選手から“何の取材ですか?”と言われたこともあります」と大前さんは苦笑しながら当時を振り返る。

プロに入りたての真っさらな時期に、いかに興味、関心を持ってもらうか。選手たちの意識を高めるには最初が肝心だ。今回のセミナーでは5大栄養素の働きや、酒とたばこの害といった基礎知識の学習はもちろん、ザバスがこれまでサポートしてきた一流アスリートの実践例を紹介しながら話が進められた。

関連情報

ザバス栄養講座

最適なザバスを選ぶ

サポートアスリート