主なカテゴリ

サポートアスリート

二宮清純の「ザバス取材記」

ランナーたちの力強い“伴走者”に! 〜第1回神戸マラソン〜

約3万6000人が参加した東京マラソン、約3万人が走った大阪マラソン、約1万5000人が駆け抜けた奈良マラソン……。近年、都市部を舞台にした大規模市民マラソンが国内各地で行なわれている。そんななか、 昨年 11月に産声をあげたのが神戸マラソンだ。ザバスは、この記念すべき第1回大会を全面バックアップした。その模様をレポートする。

念願の協賛イベント

11月19日、神戸マラソン前日。フルマラソンのゴール地点となる神戸国際展示場では神戸マラソンEXPO2011が開催された。ここではランナーの参加受付のみならず、各協賛社によるイベントブースや商品の販売が実施され、多数のランナー、関係者で賑わっていた。中でもたくさんの参加者が足を止めていたのがザバスのブースだ。ここでは定期的にランナー向けのセミナーを実施。「ザバス 完走セット」や「ザバス ランナープロテイン」の販売を行った。

ザバスが神戸マラソンに協賛することが決まったのは 昨年 の春。ザバスとも関係が深いスポーツメーカー、株式会社アシックスが本社を置く神戸での大会とあって、「ぜひ、私たちも協賛したい」と熱望していたイベントだった。ザバスではこのコーナーでも紹介した河口湖スポーツマラソンや板橋Cityマラソンなど、これまで市民マラソンを支えてきた実績がある。加えて前年まで実施されていた神戸全日本女子ハーフマラソンもサポートして必要なドリンクの量などのシミュレーションも行っており、準備万端で本番を迎えた。

念願の協賛イベント

完走セットは完売!

ザバスブース

ザバスブースで開かれたセミナーでは当日までの食事の摂り方、「ザバス 完走セット」(「ザバス エナジーメーカーゼリー」×2、「ザバス パワーアミノ2500」、 「ザバス ピットインリキッド ウメ風味」、「ザバス ピットインリキッド ピーチ風味」、「ザバス リカバリーメーカーゼリー」)のレース中の活用方法が紹介された。また、昨年の4月から明治製菓と明治乳業が統合して株式会社 明治となったことに伴い、これまで明治乳業の商品だったヴァームとザバスを組み合わせたエネルギー戦略も提案された。

ザバス 完走セット

フルマラソンを走ると2000〜3000キロカロリーを消費すると言われている。これは大人が1日かけて消費するカロリー量に匹敵する。そのためレース前、レース中、レース後の栄養補給が重要だ。まずレース前にはエネルギーを体内にしっかり蓄えることがポイントになる。エネルギー源となる筋グリコーゲンを生み出す糖質を補給するだけでなく、体脂肪をエネルギーに変えることが大切だ。

今回の神戸マラソンでは参加賞として、このランナープロテインが全選手に配布

またレース中、筋肉や血液は激しく消耗している。これらをリカバリーするために必要なのがたんぱく質だ。セミナーでは高たんぱくで脂質ゼロの「ザバス ランナープロテイン」の活用が紹介された。 このランナープロテインはテイストフリーが特徴で、好みのドリンクに混ぜて飲むことができる。今回の神戸マラソンでは参加賞として、このランナープロテインが全選手に配布されており、セミナーでは「レースが終わったら、時間を空けずにぜひ飲んでください」と呼びかけていた。

セミナー後には完走セットやランナープロテインが次々と売れていた

初めての大会とあってランナーたちの関心は高く、セミナー後には完走セットやランナープロテインが次々と売れていた。特に完走セットは他のマラソン大会同様に大人気。用意した約2500セットが、この日の午後には完売してしまうほどだった。今回、神戸マラソンにエントリーしたのは約2万3000人。単純計算で10人にひとり以上が、この完走セットを購入したことになる。セミナーを聴いた参加者たちは、きっと万全の態勢で当日の朝を迎えたに違いない。

関連情報

ザバス栄養講座

最適なザバスを選ぶ

サポートアスリート