主なカテゴリ

疲労回復 3 ザバス栄養講座

栄養と運動を学ぶ

ザバス栄養講座:疲労回復

十分な睡眠

食事のほかに疲労回復のために欠かせないのは、カラダのメンテナンスに重要な役割を担っている「十分な睡眠」です。具体的には、深い睡眠によって分泌される成長ホルモンの働きが大きく関与しています。成長ホルモンには、カラダを大きくする、疲労を回復する、壊れた筋肉を修復するなどの働きがあり、運動後と睡眠中に最も分泌が盛んになります。特に1〜2時間ほど経過した熟睡状態、時間帯としては夜10時から深夜2時くらいが最も盛んになるため、早めに布団に入ることを心がけましょう。

十分な睡眠

ちなみに・・・
疲労回復を早めるには、運動後の栄養補給だけでなく、運動前・運動中のエネルギー補給による疲労の軽減も重要です!

■運動前のBCAA(分岐鎖アミノ酸)摂取

筋肉のエネルギー源となるBCAA(分岐鎖アミノ酸)を運動する1時間ほど前に摂取しておくことで、

  1. ① BCAA(分岐鎖アミノ酸)自体が運動中のエネルギーとなりエネルギー持続時間が長くなるため、スタミナの消耗を抑えることができる
  2. ② 筋たんぱくの分解を抑えるので筋疲労が軽減される
  3. ③ 脳の疲労を抑制するので集中力ややる気が維持される

というように、疲労を軽減しやすくなります。

■運動前・運動中の炭水化物(糖質)摂取

運動前にきちんと食事をとっていても、運動時間が2〜3時間を越すような場合は、グリコーゲンを消耗してしまい、カラダが思うように動かず、集中力も低下してきます。これを回避するためには、運動前から体内に炭水化物(糖質)を貯え、運動中にも補給することが必要です。そこでは、マルトデキストリンのように吸収の優れた糖質が主成分のエネルギードリンクやゼリー、即効性のあるブドウ糖が主成分のタブレットなどを活用すると良いでしょう。

よくあるご質問
関連情報

プロテイン

プロテイン以外のラインナップ

JATIトレーニング講座