陸上競技(ウルトラマラソン) 髙田 由基 選手陸上競技(ウルトラマラソン) 髙田 由基 選手

陸上競技(ウルトラマラソン) 髙田 由基 選手陸上競技(ウルトラマラソン) 髙田 由基 選手

1983年北海道深川市出身。小・中学校の頃から個人的に陸上競技会に参加し、高校・大学では陸上競技部に所属。トラックでは平凡な記録だったものの、大学4年生時にウルトラマラソンに出合い、日本トップクラスのウルトラランナーに成長。小学校教員を経て、2018年4月より、帝京科学大学学校教育学科 特任助教、陸上競技部 女子駅伝チーム監督に。100㎞マラソンベストは6時間40分37秒(2016年サロマ湖100㎞ウルトラマラソン)、フルマラソンベストは2時間26分32秒。ウルトラマラソンには通算18回出場
(サロマ湖12回、世界選手権6回)。