日本のうがい文化を、研究し続けて。

風邪予防としての「うがい」は、なんと日本だけの習慣。世界では「うがい」を習慣化している国はありません。この「うがい」を習慣として根付かせたのは、恐らく「カバくん」であり「明治」でしょう。そんな明治が、「うがい」をテーマに様々な問題を研究する機関として「明治カバくんうがいラボ」を設立します。このラボから生活者の皆さまに向けて「うがい」や「かぜ・インフルエンザ」にまつわるトリビアやお役立ち情報など面白くてためになる、いろいろな研究内容を発信していきます。

更新情報

Page Top