明治うがい薬ってどんな薬?

明治うがい薬とは殺菌・消毒力に優れたポビドンヨードを配合した製品です。
主な作用としては、手指・皮ふ・粘膜などの消毒効果で、患部に塗ったり、薄めてうがいをしたりと使用用途別にさまざまな種類があります。

有効成分ポビドンヨードとは?

明治うがい薬の優れた効果

  • うがいに対する優れた殺菌・消毒効果
  • きずに対する優れた殺菌・消毒効果
  • 地球にやさしい

うがいに対する優れた殺菌・消毒

  • ただいまー
  • ゴホン、ゴホン
  • お兄ちゃん、のどがいたいの?かぜひいたの?
  • 外から帰ったら、うがいしてね。
  • エー、めんどくさいよ。
  • ダメよ、お兄ちゃん。外の空気には、バイ菌やウイルスがいっぱいいるの。
  • それがのどから体の中に入らないようにするためにうがいをしなくっちゃね。
  • 風邪のときや、のどの調子が悪いときは、うがい薬を使ってうがいするのもいいわよ。
  • 明治うがい薬はね、いろんな種類のバイ菌やウイルスをやっつけてくれるのよ。
  • 明治うがい薬はすごいんだね。
  • だから、おうちに帰ったらきちんとうがいしようね。
  • うん。
  • おわり

きずに対する優れた殺菌・消毒効果

  • お兄ちゃーん
  • どうしたの?
  • 公園の砂場で転んじゃったの
  • 砂場はバイ菌でいっぱいだよ。けがをしたら、消毒しなくっちゃね。
  • あらあら、どうしたの?
  • 転んじゃったんだ。
  • 水で砂を洗い流してから明治うがい薬で、殺菌・消毒しましょうね。
  • 明治うがい薬ってうがい薬のほかにキズ薬もあったんだ。
  • 明治うがい薬はね、いろんな種類のバイ菌をやっつけてくれるのよ。
  • けれど、うがい薬でキズの消毒はできないから明治きず薬や明治きず軟膏を使いましょうね。
  • おわり

地球にやさしい

  • あらあら大変!
  • どうしたんだい?
  • 竹の皮をゴミ処理機に入れたら、ゴミが土にならなかったの。
  • 竹の皮にある殺菌成分がゴミ処理機のバクテリアを殺菌してしまったんだね。
  • そんなことがあるのね。じゃあ消毒薬は土に捨てたりしてはダメなのね。
  • そうだね。私たちが考えている以上に土や川はデリケートなんだ。
  • 竹の皮一枚で、ゴミ処理機のバクテリアが死んじゃうんだからね。
  • いつもなにげなく台所に流してるものも、魚から見れば毒になるものもあるからね。
  • でも下水は処理場で処理するから大丈夫じゃないの?
  • 下水処理場は泥の中にバクテリアを繁殖させていて、このバクテリアが水を綺麗にしてくれるんだ。
  • だから、この泥に影響をあたえるような強い薬品を下水に流すのはよくないんだよ。
  • じゃあ、いつも明治うがい薬でうがいした後流しに流すのはやめた方が良いかしら?
  • 明治うがい薬は、毒性が少なくて、下水処理場の泥中のバクテリアにも影響を与えにくいんだ。
  • 明治うがい薬はすごいのねー。
  • これからは、みんなで自然に対する影響を少し考えなくてはいけないね。
  • おわり

明治うがい薬の歴史

明治うがい薬の有効成分ポビドンヨードは、ポリビニルピロリドンとヨウ素の化合物です。
ポビドンヨードは、1956年、ポリビニルピロリドンの解毒力に注目したアメリカのShelanskiらによって誕生しました。
ポビドンヨード含有製剤は、世界各国で汎用され、国内では、1961年に、旧 明治製菓(株)が医療用ポビドンヨード製剤として承認を取得しました。
明治は、ポビドンヨード製剤のうがい薬の一般家庭への普及を目的に、薬局薬店向けのOTC医薬品として開発、1983年1月に発売いたしました。