No.32 島根県 布志名焼No.32 島根県 布志名焼

No.32 島根県 布志名焼No.32 島根県 布志名焼

江戸時代の中頃、舩木与次兵衛村政によって開窯されました。明治以後、布志名特有の黄釉色絵物全盛の時代となり、国内ばかりでなく海外にまで販路を広げました。 昭和に入ってからは、柳宗悦の民芸運動にいちはやく共鳴し、県下の陶芸界にも大きな影響を与えました。

参照元HP:「島根県物産観光館」