No.11 埼玉県 飯能焼No.11 埼玉県 飯能焼

No.11 埼玉県 飯能焼No.11 埼玉県 飯能焼

虎澤英雄氏は、五色沼(毘沙門沼)の翠の水の色に魅せられて、陶芸にその色の世界を創造しようと独自の翠青磁を中心に制作しています。昭和50年に飯能焼を再興し、以来武州飯能窯として飯能の地で製作活動を続けています。作品も飯能焼伝統の灰釉に白絵土による イッチン描きの作品から、青磁、白磁、志野、楽、織部、絵付け等、幅広くに及んでいます。

参照元HP:「計画機構 ―寄居アトリエ―」