No.27 大阪府 大阪浪華錫器No.27 大阪府 大阪浪華錫器

No.27 大阪府 大阪浪華錫器No.27 大阪府 大阪浪華錫器

錫器が日本に伝えられたのは、今から約1300年程前、遣隋使の手によるものと言われています。鎌倉時代初期に栄西が中国の宋に渡り、茶壷作り職人を連れて来たのが錫職人のルーツとも言われています。江戸時代の中期に大阪に産地が形成されました。錫は安定の良い金属です。イオン効果が大きく水の浄化作用があり、微妙なうまみを損なわないため、酒器に適しています。花瓶にも適し、気密性があるため高温多湿のところでも保存性が高いので茶筒にも向いています。

参照元HP:「伝統工芸 青山スクエア」