No.29 奈良県 赤膚焼No.29 奈良県 赤膚焼

No.29 奈良県 赤膚焼No.29 奈良県 赤膚焼

赤膚大和郡山城主の豊臣秀長が常滑の陶工を招いて窯を築いたのが始まりといわれています。赤膚焼の由来は、地名からきたもの、陶土の鉄分含有量が多く、地肌が赤味を帯びることからきたものという二説があります。 乳白色の柔らかい風合いと奈良絵文様が特徴で、湯呑、花瓶、茶器、水指、置物など多様な作品が作られています。

参照元HP:「奈良県ホームページ」