No.26 京都府 京焼・清水焼No.26 京都府 京焼・清水焼

No.26 京都府 京焼・清水焼No.26 京都府 京焼・清水焼

始まりは平安時代以前に遡りますが、平安京の造営と同時に本格的に焼き物作りが始まりました。17世紀には仁清や乾山という名陶工が現われ、19世紀には頴川が磁器の焼成に成功し、加えて木米、保全、仁阿弥等の名工らがめざましく活躍しました。明治時代に入り、ドイツ人の工芸家ワグネルを招いたことを機に、諸外国の技術が取り入れられ、伝統を重視した器と、現代の暮らしに潤いを与える斬新な器とが共存し、それぞれが独特の雰囲気を保っています。

参照元HP:「伝統工芸 青山スクエア」