No.46 鹿児島県 薩摩焼No.46 鹿児島県 薩摩焼

No.46 鹿児島県 薩摩焼No.46 鹿児島県 薩摩焼

薩摩焼は、文禄・慶長の役の頃、当時の藩主島津氏が朝鮮から連れ帰った李朝の陶工たちによってはじめられました。以来400年以上に及ぶ長い歴史の中で鹿児島の豊かな風土に育まれるとともに、陶工たちの弛まぬ努力によって独自の発展をとげ、堅野系、龍門司系、苗代川系という異なる作風の系統を生みだし今に伝えています。1867年(慶応3年)には、島津藩が単独で出品したパリ万博において、薩摩焼はヨーロッパの人々を魅了し、世界に「SATSUMA」の名を轟かせました。

参照元HP:「伝統工芸 青山スクエア」