No.18 福井県 若狭塗No.18 福井県 若狭塗

No.18 福井県 若狭塗No.18 福井県 若狭塗

江戸時代の初めに若狭湾のそばに位置していた小浜藩の漆塗りの職人が、中国の漆器作りの技術にヒントを得て、海底の様子を図案化したことが始まりです。これに改良工夫を重ねて生まれたのが「菊塵塗」で、さらにその考案者の弟子によって「磯草塗」があみだされました。17世紀中頃に、卵の殻や金箔や銀箔で加飾するという方法が完成しました。当時の藩主がこれを若狭塗と名付け、足軽の内職として保護奨励したところから、「菊水汐干」など様々な上品で美しいデザインが考案されました。

参照元HP:「伝統工芸 青山スクエア」