No.38 愛媛県 磯部焼No.38 愛媛県 磯部焼

No.38 愛媛県 磯部焼No.38 愛媛県 磯部焼

江戸時代中期に、藩主が地元の陶石を原料に磁器を生産させて藩の財政の助けにしようと考え、磁器の産地として知られていた現在の長崎県の肥前から陶工を連れてきたのが始まりです。明治以後は、東南アジア向けの飲食器の産地として生産を伸ばしましたが、戦後は柳宗悦らの指導を受け、大量生産を行う産地から、手作り、手描きを重視した伝統的工芸品の磁器の産地へと変わっていきました。

参照元HP:「伝統工芸 青山スクエア」