2019/7/22 オリンピック・パラリンピック ホストタウン

「稲沢市の学校給食にギリシャ料理を」
~ギリシャホストタウン 愛知県稲沢市~

東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、ギリシャのホストタウンになっている愛知県稲沢市の全小中学校で、給食にギリシャ料理が出されました。

  • イベント名

    稲沢市全小中学校でギリシャ給食

  • 開催場所

    愛知県稲沢市

  • 実施期間

    2019年6月4日(火)

オリンピア市と姉妹都市

稲沢市は、オリンピック発祥の地、ギリシャのオリンピア市と姉妹都市の提携を結んでいて、東京2020オリンピック・パラリンピックで、ギリシャのホストタウンになっています。今回は、明治愛知工場の所在地でもある稲沢市との連携企画として、明治からはギリシャ給食の際に、市内32校の全小中学校の生徒・職員に「明治THE GREEK YOGURT」を提供しました。

交流授業と食育出前授業

また、当日は稲沢市平和中学校で、コンスタンティン・カキュシス駐日ギリシャ大使が夫人とともに訪れ、ギリシャ国の理解を深める交流授業が行われ343名の生徒は興味津々に学んでいました。加えて明治の出前授業「明日の体づくり」も実施し、「食・栄養」の大切さを学ぶ機会となっていました。そのほか、出前授業は稲沢市内の小学校10校と中学校2校で行われました。

ホストタウンをキッカケに官民連携

この内容は、官民連携の取組みとして稲沢市より感謝状を進呈されるものとなりました。

「稲沢市の学校給食にギリシャ料理を」
~ギリシャホストタウン 愛知県稲沢市~

カラダを支える知識

PAGE TOP