2021/8/18 オリンピック・パラリンピック

東京2020D&Iアクション
-誰もが生きやすい社会を目指して-

 東京2020大会は、その大会ビジョン「スポーツには世界と未来を変える力がある。」の基本コンセプトとして「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」を掲げています。「東京2020D&Iアクション-誰もが生きやすい社会を目指して-」も、これらの考えに基づいています。

 新型コロナウイルス感染症による新たな差別や格差の拡大といった社会の分断が深まる中、大会に参画する多様な個性がある多くの人が、自分らしさを発揮して、違いを認め合い、違いを活かしながら協力することのすばらしさを改めて認識する場が、東京2020大会です。

 私たち一人ひとりが、人種、肌の色、性別、性的指向、性自認、障がい、言語、宗教、政治的又はその他の意見、国あるいは社会のルーツ、財産、出自やその他の身分などの理由による、いかなる種類の差別がなく、互いを認め合い、誰もが自分らしく生きられる共生社会を目指します。

 東京2020大会を契機として、私たちの社会と未来に向けて何ができるかを考え、大会後も実践していくものとして、私たちのアクションを宣言します。

株式会社 明治では、東京2020大会のレガシーとして、D&I推進を強化するため、「DIAMONDプロジェクト~Diversity & Inclusion Activities〜Meiji’s Open & New Directions~」を立ち上げました。
全従業員が光り輝く宝石のように個性を発揮し、小さなダイヤもまとまると大きな輝きを放つように、多様な人財の融合から大きなイノベーションを生むことで、社会課題を解決していくことを、ここに宣言します。

  1. 1.「多様性を尊重する文化の醸成」「多様性を活かし合うスキル向上」「社内に多様性を生みだす制度構築」「多様な人財の働き方を支える環境整備」の4本柱の施策により、D&Iを推進します。
  2. 2.5つの重点領域として「女性活躍」「チャレンジド」「外国人」「LGBTQ+」「シニア」を掲げ、施策を推進します。

東京2020D&Iアクション
-誰もが生きやすい社会を目指して-

カラダを支える知識

PAGE TOP