2019/12/09 トピックス ホストタウン

ホストタウンをきっかけに官民連携を深める
~エストニア共和国ホストタウン 長野県佐久市(軽井沢工場所在地)~

  • イベント名

    長野県佐久市との東京オリンピック・パラリンピック ホストタウン事業に関する協定締結

  • 開催場所

    佐久市役所

  • 実施期間

    2019年9月2日(月)

ホストタウン事業に関する協定締結

長野県佐久市内に軽井沢工場がある縁から話が広がり、東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、エストニア共和国のホストタウンとなっている長野県佐久市と「ホストタウン事業に関する協定」を締結しました。
【協定項目】
(1)エストニア共和国出場選手の事前キャンプへの支援と市民の気運醸成
(2)佐久市民の健康増進、食育活動の推進
(3)佐久市スポーツ振興事業への支援・取り組み
(4)その他、地域活性化及び市民サービスの向上に関する取り組み

長野県佐久市とエストニア共和国サク市との関係

同じ地名が縁で交流が開始され、現在では姉妹都市提携をしており、これがきっかけとなり佐久市はエストニア共和国のホストタウンに登録されています。

事前キャンプへの支援

東京2020大会におけるエストニア陸上チームの事前合宿地にも決定していますが、先般開催された世界柔道の事前合宿としてエストニア柔道チームが先行して佐久市を訪れました。
その際、佐久市との連携により、選手の宿泊先レストラン内に明治コーナーを設置し、選手からの要望で”ブルガリアヨーグルト“や”十勝スマートチーズ“などを提供しました。

選手との市民交流

市民への告知と機運醸成を図るため、地元小売業との連携によりホストタウンフェアを開催し、市民からの応援メッセージを募りました。集まったメッセージは実際に店舗へ買い物に来た選手たちへ手渡され、大変喜ばれました。
佐久市は、来年4月の東京2020オリンピック聖火ランナーの県内ルートに選ばれており、エストニア陸上チームの事前合宿開催も予定されているなど、東京2020大会に向けてますます市民の気運が高まることが期待されます。
今後は、ホストタウン事業に加え「食と健康のプロフェッショナル」として、市民の健康増進など様々な面でも官民連携を深めて取り組んでいきます。

ホストタウンをきっかけに官民連携を深める
~エストニア共和国ホストタウン 長野県佐久市(軽井沢工場所在地)~

カラダを支える知識

PAGE TOP