なすの利久煮

このレシピで使用した商品

栄養価/1人分

エネルギー たんぱく質 カルシウム 食塩相当量 調理時間
175kcal 4.4g 159mg 0.9g 20分

材料(4人分)

  • なす

    4本

  • 万能ねぎ

    少々

  • サラダ油

    大さじ2

  • だし汁

    1カップ

  • 大さじ1

  • しょうゆ

    大さじ1

  • みりん

    大さじ1

  • ねりごま

    大さじ2

  • 片栗粉

    小さじ1

  • 明治おいしい牛乳

    200ml

作り方

  • 1) なすはヘタを切り落とし、縦2つ切りにし、さらに縦3~4つに切ります。
    鍋にサラダ油を入れ、なすに焦げ目がつくまで焼きます。
    だし汁、酒、しょうゆ、みりんを加え、なすがやわらかくなるまで弱火で煮ます。
  • 2) ボウルにねりごまを入れ、牛乳を少しづつ加えてなめらかにし、片栗粉も加えて混ぜ合わせておきます。
  • 3) 1)の煮汁が少なくなってきたら、2)をかき混ぜながら加えます。鍋をゆすりながら、とろみがつくまで軽く煮ます。
  • 4) 汁ごと器に盛り、きざんだ青ねぎを添えていただきます。

ワンポイントアドバイス

牛乳を水代わりに使用し、野菜を煮てみましょう。かぼちゃやさつまいも等がおいしく煮えます。ほんの少々バターを加えると、コクが出ます。
利休煮とは:ごまの香りを生かした煮物。利休とは、ごまを使った料理に付ける名称で、安土・桃山時代の茶人 千利休(1522-1591)が料理にごまをよく使ったことからこの名がついたと言われます。

Copyright Meiji Co., Ltd. All Rights Reserved.