明治プロビオヨーグルトR-1

済美高等学校

@EHIME

愛媛県松山市にある済美高等学校の3年生にR-1をお届け!
大学講師、薬学博士としても活躍する木村美紀先生による特別講演を行い、
受験までに役立つ勉強方法などをお伝えしてきました。
試験日までもう少し。最後の追い込みに励む受験生をR-1は応援します!

EVENT REPORT

1901年創立の済美高等学校は、多彩な学科コースを備え、 全校生徒約1900名という県内屈指の規模でも有名な高等学校です。

受験生の体調管理を応援するR-1プロジェクトとしてR-1ドリンクをお届けし、 さらに木村美紀先生による「カラダとココロを強くする」受験勉強法の講演を開催! 受験勉強をポジティブに取り組むための様々な勉強方法を伝える木村先生の講演を、 真剣かつ楽しみながら参加している生徒さんたちの表情がとても印象的でした。

LESSON 01

底力をひきだす「勉強習慣」

受験に向けた勉強で大切なこと。それは100%の復習を行うことです。木村先生は模擬試験などの結果の良し悪しに関わらず、受けた試験の内容を全て復習することを実行していたそうです。全ての問題を完璧に復習することで、理解も深まり自信につながっていく「100%の復習」は、是非受験生のみなさんにも試していただきたい勉強方法の一つです。

LESSON 02

ひらめきをひきだす
「ストップウォッチ勉強法」

受験本番で力をひきだすためには、普段から時間を意識することが重要です。そこで木村先生がおすすめするのが、「ストップウォッチ勉強法」。勉強をするときはもちろんのこと、休憩や夜眠るときなど、何をするにもストップウォッチで時間を計り、それを記録していく方法です。普段から時間を意識して行動することで、自己管理にも効果があるとのことですが、試験時間のあと数分となった時のひらめきにも期待できるそうです。

LESSON 03

記憶力をひきだす「なりきり記憶法」

勉強した内容を覚えるには、登場する人物やシーンになりきると効果もアップするそうです。ただ暗記をするだけでは時間の経過とともに忘れてしまいますが、他の行動と結びつけて覚えることで記憶にとどまりやすくなるとのことです。保護者の方や友人に生徒役を演じてもらい、自分が先生役となって勉強をおさらいすると、内容の復習もできてより効果的とのことです。ご家庭でも気軽に試せるのでご家族と一緒にチャレンジしてみましょう。

LESSON 04

効率をひきだす「サンドウィッチ勉強法」

1科目を集中して勉強するのも良いですが、覚えることが必要な暗記系の科目と考えて答えを出す思考系の科目を一定の時間で交互に勉強するのも効率的なのだそうです。暗記と思考を適度に交代して繰り返すことで、だらだらするのを防ぎ集中力をより持続させることが期待できるそうです。木村先生も学生時代は一定時間で科目を切り替えて勉強をしていたとのこと。集中力が落ちてきたと思ったら、思い切って科目を変えて勉強するのも一つの工夫と言えるようです。

関連タグ