チーズ入り茶碗蒸し | 和食にチーズ・プロジェクト | チーズレシピ | 明治北海道十勝 | 株式会社 明治

ニッポンの食卓をワクワクさせる チーズレシピ

和食にチーズ・プロジェクト vol.19 「チーズ入り茶碗蒸し」 Produced by 日本料理人・笹岡隆次×ムらじん編集室

チーズ入り茶碗蒸し

具材は、鶏もも肉、しいたけ、かまぼこ、どれもうまみの強い食材です。それぞれが持つうまみの違いが、茶碗蒸しの中で重なり合って相乗的においしさを作り出してくれます。
つるんとした茶碗蒸しの奥からチーズの濃厚なうまみと上品なだしがあふれ出し、まさに笑顔がこぼれるおいしさです。チーズが入っていることで食べごたえもあり、おかずとしても満足度が高いですね。育ちざかりの子や男性にも喜ばれるでしょう。面倒だというイメージの茶碗蒸しですが、調理時間はたったの10分、コツさえつかめば意外と簡単にできます。ぜひ挑戦してみてください。

材料3人分

  • ・卵Lサイズ2個
  • ・かつおだし220cc
  • ・薄口醤油10cc
  • 【具材】
  • ・明治北海道十勝スマートチーズ3個
  • ・鶏もも肉20g
  • ・しいたけ1個半
  • ・かまぼこ3切れ
  • ・糸みつば適量
  • 【トッピング】
  • ・明治北海道十勝スマートチーズ3個
  • ・かまぼこ3切れ
  • ・糸みつば適量

作り方

作り方
  • <1>ボールに卵を割りほぐし、冷ましたかつおだし、薄口醤油を入れ、よく混ぜ合わせ、漉す。
  • <2>十勝スマートチーズはそれぞれを手で半分に折る。鶏もも肉は半口大に切り濃い口しょうゆ少々(分量外)をまぶして下味をつける。しいたけは石づきを取り除いて食べやすい大きさに、糸みつばはざく切りにする。かまぼこは厚さ5mmくらいの飾り切り(*)にする。

    (*板についたままのかまぼこの奥側下部に包丁の先を入れ、包丁の刃を左右に細かく揺らしながら切り下ろすと、断面に「日の出」のような波打った模様が出来る)
  • <3><2>の【具材】を3等分し3つの器に入れ、上から<1>を静かに注ぎ入れる。
  • <4>強火でしっかり湯気を立たせた蒸し器の中に<3>を並べ、蒸し器の蓋を閉めて中火で2分、その後、切り蓋にして弱火で7分蒸す。
  • <5><4>に【トッピング】の十勝スマートチーズとかまぼこをのせ、蓋を閉めて1分蒸す。
  • <6>仕上げに【トッピング】の糸みつばを飾る。
笹岡隆次さん

笹岡隆次さん

東京築地生まれ。
赤坂の料亭「長谷川」、新橋「一楽」、三田「菱沼」で修業の後、
97年34歳で独立、日本料理店『天現寺 笹岡』を開く。
北大路魯山人の薫陶を受けた師匠に学んだことから魯山人の直系弟子とされる。

「天現寺 笹岡」  住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-18中村ビル1階 Tel.03-3444-1233
「恵比寿 笹岡」  住所:東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル5階 Tel.03-3287-9088

このレシピで使用した商品

  • 明治北海道十勝スマートチーズ
ページの先頭へ