カボチャのジャコチー | 和食にチーズ・プロジェクト | チーズレシピ | 明治北海道十勝 | 株式会社 明治

ニッポンの食卓をワクワクさせる チーズレシピ

和食にチーズ・プロジェクト vol.15 「カボチャのジャコチー」 Produced by 日本料理人・笹岡隆次×ムらじん編集室

カボチャのジャコチー

チーズもじゃこも、料理に加えるだけでうまみが加わり、味に変化をつけてくれるとても便利な食材です。これは、カボチャ、チーズ、じゃこ、3つの違ったうまみの相乗効果を楽しめる良いレシピです。ポイントは、カボチャの切り方と盛り付け方。薄切りのカボチャの煮物に、とろ〜りとチーズ、そこに、じゃこが踊る。彩りのいんげんが利いて、もてなし料理のようなしつらえです。
いつものカボチャの煮物にチーズとじゃこをプラスするので、栄養もボリュームもアップします。ごはんのおかずにこの上ないですが、山椒や七味を振りかければ、酒の友にもなる大人の一品ともなりそうです。

材料4人分

  • ・明治北海道十勝スマートチーズ12個
  • ・カボチャ400g
  • ・ちりめんじゃこ大さじ4
  • ・いんげん12本
  • 【煮汁】
  • ・だし250cc
  • ・醤油20cc
  • ・砂糖20g

作り方

作り方
  • <1>カボチャはわたと種を取り除き、皮の堅いところをむいて、薄く(1cm幅程度)スライスする。
  • <2>カボチャに軽く水をふり、耐熱皿に入れてラップをかけ、500Wの電子レンジで2分30秒程加熱する。(カボチャに軽く熱が入る程度)
  • <3>鍋にカボチャを並べ、煮汁を注ぎいれ、落し蓋をして弱火で10分程煮る。カボチャが煮えたら火を止め、そのまま冷まして味を染み込ませる。
  • <4>いんげんを塩湯がきし、冷水に取って冷ましたら、1本を3〜4等分の斜め切りにする。十勝スマートチーズは軽くつぶしておく。
  • <5><3>のカボチャの鍋を再度火にかけて温める。(耐熱皿に移してラップをかけ500Wの電子レンジで1分程加熱してもよい)
  • <6>カボチャとチーズを交互に挟むように重ねて皿に盛り付け、500Wの電子レンジで20秒程加熱し、チーズを軽くとかす。
  • <7>上からちりめんじゃこ、いんげんを散らす。お好みで山椒や七味をかけてもよい。
笹岡隆次さん

笹岡隆次さん

東京築地生まれ。
赤坂の料亭「長谷川」、新橋「一楽」、三田「菱沼」で修業の後、
97年34歳で独立、日本料理店『天現寺 笹岡』を開く。
北大路魯山人の薫陶を受けた師匠に学んだことから魯山人の直系弟子とされる。

「天現寺 笹岡」  住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-18中村ビル1階 Tel.03-3444-1233
「恵比寿 笹岡」  住所:東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル5階 Tel.03-3287-9088

このレシピで使用した商品

  • 明治北海道十勝スマートチーズ
ページの先頭へ